家族みんなでピクニック気分!? ヤマハ「PW50」でイメージ膨らむ楽しい週末

ヤマハのキッズ向けファンバイク「PW50」は、簡単な操作で子どもでもバイクを体験できる、ロングセラーのオフロードモデルです。

ロングセラーながらあまり知られていない意外な存在に注目

 ヤマハは、オートマチックエンジンを搭載するキッズ向けファンバイク「PW50」の2020年モデルを2019年8月20日より発売します。

ヤマハのキッズ向けファンバイク「PW50(2020年型)」(2ストロークエンジン車)

「PW50」は、体重25kg以下の子ども向けオフロード入門モデルです。排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、車両重量は41kgと軽く、始動はシンプルなキック式、燃料タンク容量は2Lと、デビュー当時からほとんど変わらない姿で初代から38年経つロングセラーモデルです。

 2020年モデルは上級オフロードレーサー「YZシリーズ」と共通イメージのカラーとグラフィックを採用しています。

 スロットルを回すだけの簡単操作で走るオートマチックエンジン、大人が片手で後輪を持ち上げられるほど軽量で小柄な車体、チェーンではなくシャフトドライブを採用しているため、メンテナンス負荷が少なく巻き込みの危険性がないことなど、子供への安全面にも寄与しています。

 また、前後ブレーキは自転車同様に左右レバー式なので、小さい子どもに乗り方を教えやすく、バイク好きの大人にはうってつけの家族サービスが可能なモデルとなります。

 ヤマハ「PW50」の価格(税込)は17万2800円、国内計画販売台数は50台です。

【了】

ヤマハのキッズ向けファンバイク「PW50」2020年型の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事