• バイクのニュース
  • エンタメ
  • バイクコントロールで酷使した下半身の筋肉群を癒しましょう!! MIO選手の~バイクdeストレッチ Vol.19~

バイクコントロールで酷使した下半身の筋肉群を癒しましょう!! MIO選手の~バイクdeストレッチ Vol.19~

バイクdeストレッチ、現在のパートでは体の柔軟性を高めたり、ライディング後の疲れを緩和したりする、静的ストレッチをMIOさんとともに解説していきます。

4.体の柔軟性を高める『静的ストレッチ』

 乗った経験がない人からすると、バイクはそれほど筋肉を使わないと思われているようです。しかし、実はかなり体を使う乗り物であることは、経験者なら知っているはずですね。

ヤマハ「トリシティ155」とMIOさん

 そこで、このコーナーでは、乗車後に筋肉の疲れを癒すストレッチを取り上げてきました。最終回は、バイクコントロールで酷使した下半身の筋肉群のストレッチを紹介していきます。

4-7下半身のストレッチ

1.ふくらはぎ

①先ずは、ふくらはぎのストレッチから始めましょう。体の力を抜いて、足を腰骨の幅に開いて立ちます
②背すじをまっすぐにしたまま、片方の足を前に出し、両方の膝を軽く曲げます。つま先は両方ともまっすぐ前に向けます
③腰に手を当て、後ろになった足の踵は地面につけたまま、重心を前方におきながら自然に腰を落として行きます。ふくらはぎの筋肉群が伸びているのを感じられるところで止めて、20秒静止します。反対側も同様に行ってください

2.ハムストリングス(太もも裏側)

① 片足を軽く1歩分前に出し、後ろ足のつま先を少し外側に開いて立ちます
② 背中をまっすぐにしたまま、股関節から上半身を前傾させます。膝の上に両手を添えて、お尻を突き出すようにして、太ももの裏側が伸びるのを感じたら20秒間キープします。反対側も同じように行ってください

3.大臀筋(お尻)

① リラックスして仰向けになります
② 片脚を曲げて両手で抱え、胸のほうに膝を引き寄せて行きます。お尻の筋肉が伸びるのを感じたら、そこで20秒間キープします。伸ばしている脚の踵と、両肩が浮かないように実行してください。反対側も同様です

 ふくらはぎや太ももの裏のストレッチは、背中が丸まらないように着付けて行ってください。長距離、特にワインディングやオフロードを走った後は、思いのほか下半身の筋肉が疲れているもの。しっかり伸ばして血行を良くして、筋肉中に溜まった疲労物質の排出を促しましょう。すると筋肉痛も軽減できます。また、ツーリングの休息中に行うと、次の走り出しが楽になります。普段から習慣にするといいでしょう。

バイクに縁のない私も様々な車種に触れて益々バイクに興味を持ちました

「今回で私のコーナーは終わりですが、普段はあまり縁のないバイクに触れることができて、とても楽しかったです。ストレッチで体を労わりながら乗って、楽しいバイクライフを送ってくださいね」

MIO
初代シュートボクシング日本女子ミニマム級王者
1995年、大阪府大阪市出身

【了】

バイクdeストレッチ Vol.19の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事