勝利を積み重ねた2サイクルマシン「RGV-Γ」 MotoGPマシン「GSX-RR」で4サイクルマシン初のタイトルを目指す!!

スズキの世界グランプリ参戦の歴史は、1960年代から始まります。その中でもバリー・シーン選手の2年連続最高峰タイトル獲得やシュワンツ選手、K・ロバーツJr選手の活躍は衝撃的でした。

RGV-ΓからGSX-RRへ継承されるスズキイズム!!

 スズキ「RGV-Γ」は、1987年以来世界グランプリに復帰したスズキの新設計横置きV型エンジンを搭載し、1988年には、ケビン・シュワンツ、ロブ・マッケルニアの両ライダーを擁し、フル参戦を果たします。そして、第1戦の日本グランプリでシュワンツは、ホンダのワイン・ガードナーが駆るNSR500と終盤まで激しくバトルを行い、見事に初優勝を飾りました。

スズキ「RGV-Γ」

 チャンピオン争いを毎年繰り返しつつもライバルにタイトルを取られていたスズキとシュワンツのパッケージですが、1993年にシュワンツの独特なライディングフォームでなくとも扱いやすい車体をスズキが開発。同時にエンジンやサスペンションも変更されたことで、1982年フランコ・ウンチーニが獲得して以来の年間チャンピオンを獲得します。

 ■1988年型「RGV-Γ」

 エンジン形式:水冷2サイクルV型4気筒
 総排気量:499.5cc
 最高出力:148PS/over11750rpm

 ケニー・ロバーツJrが駆る2000年型「RGV-Γ500」は、軽量化、コントロール性の向上を果たし、16戦中4勝表彰台には9度上がり、世界グランプリ史上初となる親子二代による世界チャンピオンを獲得しました。スズキとしては、1993年のケビン・シュワンツ以来の年間チャンピオン獲得となりました。

2000年型「RGV-Γ500」(ライダー:ケニー・ロバーツJr)

 2002年から2サイクルモデルからMotoGP仕様の4sサイクルに移行し「RGV-Γ500」の開発は終了しました。

 ■2000年型「RGV-Γ500」諸元

 エンジン形式:水冷2サイクルV型4気筒
 総排気量:499.5cc
 最高出力:163PS/12250rpm

世界グランプリは、2サイクルモデルから4サイクルモデルへ!!

 スズキのMotoGPマシンは、GSV-Rとなり2011年まで参戦を続けますが、4サイクルの最高速度が上がり続けたための排気量変更(4気筒マシンの上限は800cc)や成績低迷のため世界グランプリを休止しGSV-Rの開発も終了します。

2005年型「GSV-R」(ライダー:ケニー・ロバーツ)

 2012年にスズキは、新たなMotoGPマシン「GSX-RR」の開発をスタートさせます。搭載されるエンジンは、総排気量1000cc水冷4サイクル並列4気筒、最大出力227ps以上を発揮。2015年には、現在のMotoGPチーム「チームスズキ・エスター」として世界グランプリへの復帰を果たします。

 2016年MotoGP第12戦イギリスGPにおいて、マーベリック・ビニャーレス選手がMotoGP復帰後初の優勝を飾り、2019年シーズンには、#42アレックス・リンス選手がMotoGP第3戦アメリカズGP において自身初となるMotoGP優勝を飾っています。

 ※2019年9月1日現在アレックス・リンス選手はシーズン2勝を挙げています。

優勝したイギリスGPでのアレックス・リンス選手

 ■GSX-RR(ジー・エス・エックス・ダブルアール)諸元

 全長×全幅×全高:2096mm×720mm×1140mm
 車両重量:157kg以上
 エンジン形式:水冷4サイクル直列4気筒DOHC4バルブ
 排気量:1000cc
 最高出力:176kw(240PS)以上
 フレーム形式:アルミツインスパー
 フロントサスペンション:オーリンズ製 倒立フォーク
 リヤサスペンション:オーリンズ製

【了】

「RGV-Γ」から「GSX-RR」までの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事