この性能はまさにWoW! 最大85km/hで走行可能な電動スクーターがイタリア「WoW」から登場【EICMA2019事前情報】

イタリアの電動スクーターブランド「WoW Smart Scooters」は、2019年11月5日から開催される「EICMA2019」で新型スクーターを発表します。

モダンなデザインと鋭い加速を実現した「WoW」の電動スクーター

 イタリアの電動スクーターブランド「WoW Smart Scooters」は、2019年11月5日から開催されるバイクの見本市「EICMA2019」で新型スクーターのプロトタイプ「モデル4」「モデル6」を発表します。

イタリアの電動バイクメーカー「WoW」のコンセプトモデル

 WoWが発表する「モデル4」(最大出力4.0kW)「モデル6」(最大出力6.0kW)は、二輪市場におけるゼロ・エミッションを目指したプロダクツで、最も大きいバッテリーキットを搭載すればモデル4で130km、モデル6で110kmの航続距離を達成するといいます。

 現存する電動スクーターでは、シート下にバッテリーを搭載するケースが一般的ですが、WoWのモデルではバッテリーをタンデムシートの側面に装備することで、シート下に70リットルの収納スペースを確保。ジェット型のヘルメットが2つ収納できる容量とされています。

バッテリーをタンデムシート側面に装備するイタリアの電動バイクメーカー「WoW」のコンセプトモデル

 優れた航続距離を実現した「モデル4」「モデル6」には、減速時に電気を回収しバッテリーを充電する回生ブレーキも備えられており、最大15%のエネルギーを節約することも可能といいます。

 今回の発表に際し、WoWのCEO、Diego Gajaniは「世界がグリーンでより持続可能な未来に向かって進むのを助けるというWoWのビジョンを達成するたまには、ガソリンと電気の消費者の心のギャップを埋めることができる製品を構築しなければならなかった」と話します。

モダンでエレガントなデザインを目指したイタリアの電動バイクメーカー「WoW」のコンセプトモデル

 また、チーフテクニカルオフィサーのBruno Greppiは「Diego Gajaniの掲げるビジョンを達成するため、性能、快適さ、サイズ、価格の面で最高のガソリン式スクーターと競合できる、モダンでエレガントなオリジナルデザインを特徴とする新しい製品を設計しました」とも話します。

 WoWによると、2020年夏に4つの対象国、10の主要都市にある販売代理店ネットワークを通じて発表するのが次の目標のようです。

【了】

「WoW!」な性能を発揮するコンセプトモデルを画像でチェック

画像ギャラリー

最新記事