ホンダ世界最大級の家電見本市「CES 2020」に出展 「すべての人に生活の可能性が拡がる喜び」を目指す

ホンダは2020年1月7日から開催される家電見本市「CES 2020」に出展し、オープンイノベーションで取り組む技術を紹介するとともに、研究開発・事業化パートナーを募ります。

ホンダが見据える未来とは?

 ホンダは、2020年1月7日(火)から10日(金)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催される世界最大級の家電見本市「CES 2020」に出展し、オープンイノベーション(社内外を通じた価値の創造)で取り組む技術を紹介するとともに、研究開発・事業化パートナーを募ります。

再生可能エネルギーを、身近な暮らしのさまざまなシーンで活用できる技術コンセプト「Honda Energy Management Concept (ホンダ エネルギー マネジメント コンセプト)」

 ホンダは2030年に向け、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜び」を提供することを目指し、新たな価値の創造に取り組んでいます。2017年からのCES 出展においては、新価値創造に向けたオープンイノベーションの呼びかけを行い、開発中の具体的な技術を展示して研究開発・事業化パートナーを募ってきました。

 CES2020でも、引き続き研究開発の促進・事業化に向けたパートナーの募集を行うとともに、将来のオープンイノベーションを見据えた、開発中のコンセプト提案もするといいます。

 ホンダによると、研究開発の促進、事業化に向けたパートナーを募る技術は、再生可能エネルギーを、身近な暮らしのさまざまなシーンで活用できる技術コンセプト「Honda Energy Management Concept (ホンダ エネルギー マネジメント コンセプト)」と、コネクテッドカー技術(ネット接続型や車車間/路車間通信自動車技術)を活用し、安全でスムーズな交通の流れの実現を目指す技術コンセプト「SAFE SWARM(セーフ スウォーム)」の2つとされています。

法人企業、個人事業主、宮公庁に限定したリース車両PCXエレクトリックや開発中の「BENLY e:(ベンリィ・イー)」「GYRO e:(ジャイロ・イー)」に採用されている可搬型バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」

 その他、ホンダはCES2020で、「Hondaエクセラレーター・プログラム」(Honda R&D Innovations Inc.が運営する、米国カリフォルニア州シリコンバレーを中心に、グローバルで優れた技術の発掘を行い、イノベータ―との協業を促進するプログラム)でオープンイノベーションを行うスタートアップ企業や、完全自動運転が実現した時代に、パーソナルモビリティーで移動することの価値を提案する自動運転コンセプト「自由運転」などの将来のオープンイノベーションを見据えたコンセプト発信、2035年の米国ロサンゼルスを舞台にHondaが描く未来のモビリティー社会を表現したVR映像「Future Honda Mobility(フューチャー ホンダ モビリティー)」などを出展するようです。

【了】

ホンダCES2020出展概要の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事