スズキ「スイフトKATANA」東京オートサロンに登場! ボディのワイド化でマッチョに進化

スズキは、国内外のメーカーやチューニングカーなどが多数展示される東京オートサロンで、大型二輪「KATANA」のイメージを取り入れた四輪車「スイフトスポーツカタナエディション」を展示します。

ワイドボディの採用でグラマラスさを強調

 スズキは2020年1月10日から開催されている東京オートサロンで大型スポーツバイク「KATANA」のイメージを取り入れた四輪車「スイフトスポーツカタナエディション」を展示します。

ボディをワイド化したスズキ「スイフトスポーツカタナエディション」

 2019年にスズキ・オランダが30台限定でオンライン販売し、話題を集めた「スイフトスポーツカタナエディション」は、車体のエッジを際立たせる赤を配色し、下部に「KATANA」のロゴをあしらったフロントグリル周り、ボンネットやドアに施されたストライプ、二輪車にも採用されている日本刀と漢字を組み合わせたアイコンなどを採用することで、新型「KATANA」のイメージを投影していました。

 対して、東京オートサロン2020で参考出品される「スイフトスポーツカタナエディション」ではスズキ・オランダの手掛けたモデルとは異なるグラフィックを採用した上で、ルーフをブラックアウト。あわせて外装をワイド化することで、グラマラスなシルエットを強調しています。

スズキ・オランダが30台限定で販売した「スイフトスポーツカタナエディション」

 また、内装においては熱を帯びたマフラーを彷彿させるグラデーションチタンをインパネなどに加飾することで、力強さと美しさをプラスしています。

 なお、東京オートサロンのスズキブースでは「スイフトスポーツカタナエディション」とともに、イメージの素となった「KATANA」も同時に展示されています。

【了】

スズキ「スイフトスポーツカタナエディション」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事