カワサキのE・トマック選手今季7勝目でランキング首位をキープ

AMA スーパークロス第13戦は悪天候の中、モンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手が今季7勝目を挙げ、総合ポイントでも首位をキープしています。

AMA スーパークロス第13戦はコンディションが悪い状態で開催!

 AMAスーパークロス第13戦は、前2戦と同じくユタ州ソルトレイクシティのライス・エクルス・スタジアムで開催され、第12戦から気温が下がったことや大雨の影響でコースコンディションが悪化するなど、レースに大幅な変更が加えられました。

モンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手

 雨天のため各クラス1回の予選が行われ、モンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手は450SXクラスで唯一57秒台をマークしてポールポジションを獲得しました。

 450SXメインイベントのゲートが下りると、E・トマック選手は、3位で1周目を終えます。前半はテクニカルなコースコンディションの中、慎重に新しいラインを探し、E・トマック選手はトップを追い、中盤に差し掛かったところでトップに躍り出ますが、トップに浮上したかに見えたところで、スリックコースを攻略しようとしていた複数の周回遅れのライダーに捕まってパスされます。

 優勝を諦めないE・トマック選手は、トップグループとのバトルを展開し、残り5周となったところで、このコンディションでは不可能とされたリズムセクションをジャンプしてトップに立ち、そのままチェッカーを受け、今季7勝目を挙げました。

今季7勝目を挙げたモンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手

■モンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手(優勝)

 かなりいいバトルが続いていたが、勝利を手放したくはなかった。あのリズムの最後にトリプルコンボを決めてしまったことが、僕の本当の勝負の瞬間だったんだ。素晴らしいバトルだったし、とても楽しかったよ。モンスターエナジー・カワサキのチームにとっては最高の一日となった。

※ ※ ※

 450SXで今季7勝目を挙げたモンスターエナジー・カワサキのE・トマック選手は、2位のTeam Honda HRCのK・ロクスン選手とポイント差を26に広げています。

【了】

【画像】AMAスーパークロス第13戦を見る

画像ギャラリー

最新記事