スズキ「ジョアン・ミル」選手20年ぶりの快挙 100周年に華を添えるMotoGP 2020シーズンライダーチャンピオン獲得

チーム・スズキ・エクスターから参戦しているジョアン・ミル選手は、11月15日にサーキット・リカルド・トルモで開催された2020年MotoGP第14戦バレンシアGPで7位に入賞し、最終戦を待たずにライダーチャンピオンを獲得しました。

「スズキの100周年」に華を添える快挙

 チーム・スズキ・エクスターから参戦しているジョアン・ミル選手は、11月15日にサーキット・リカルド・トルモで開催された2020年MotoGP第14戦バレンシアGPで7位に入賞し、最終戦を待たずにライダーチャンピオンを獲得しました。

MotoGP第14戦バレンシアGPで7位に入賞ライダーチャンピオンを獲得したジョアン・ミル選手

 2000年のケニー・ロバーツ・ジュニア選手以来となるライダーチャンピオンを獲得したJ・ミル選手は、現在23歳のスペイン人ライダーです。

 今回のGPではアレックス・リンス選手も4位でゴールしたことにより、チームポイントを309ポイントとし、チームチャンピオンも獲得。チーム・スズキ・エクスターとして初のチームチャンピオン獲得となり、2冠を達成しています。

 2冠達成について、スズキ株式会社 代表取締役 鈴木俊宏 社長は次のようにコメントしています。

「新型コロナウイルスの影響を受けた厳しい2020シーズンに、MotoGPチャンピオンを獲得したチームスズキエクスター、そしてジョアン・ミル選手を心より祝福いたします。

スズキ「GSX-RR」でMotoGPに参戦するジョアン・ミル選手

 今年は“スズキの100周年”という節目に、世界最高峰の二輪レースでチャンピオンを獲得してくれました。二輪事業は先人がはじめ、成長してきた、スズキの主要事業の一つです。これまでスズキを応援し、サポートしてくださったお客様、ファンの皆様、販売店様、そして支援してくださったサプライヤーやスポンサーの皆様、ブリビオをはじめとするチームスタッフ、テストライダーのギントーリ、そして素晴らしい成績を残してくれたリンス、ミル、支えてくれた本社のスタッフに感謝申し上げます。
 
 2015年にMotoGP復帰以来、数々の苦難を乗り越えて、一年一年着実に成長し、遂にチャンピオンを獲得したこのチームを誇りに思うと共に、次の100年に向けて、よいスタートを切ることができたと考えております」。

※ ※ ※

 昨年のチャンピオンであり、絶対的な速さを誇るM・マルケス選手(レプソル・ホンダ)の長期不在などもあり、接戦が続いているMotoGP2020年シーズン。各チームともに11月22日に開催される最終戦ポルトガルGPをどのような形で終えるのか注目したいところです。

【了】

【画像】ジョアン・ミル選手の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事