カワサキ「KLX300SM」公開 299ccエンジン搭載のモタードモデル登場

カワサキは北米市場で新型のモタードモデル「KLX300SM」を公開しました。どのような特徴があるのでしょうか。

排気量を拡大し進化したカワサキ「KLX」のモタードモデル

 カワサキは北米市場で新型のモタードモデル「KLX300SM」を公開しました。

カワサキ「KLX300SM」

 低中速域で強力なパワーを発揮する排気量292ccの水冷4ストロークエンジンを搭載するKLX300SMは、オフロードモデルである「KLX300」をベースに前後に17インチのホイールとオンロードタイヤを装備したモタードモデルです。

 スリムで軽量なペリメーターフレームを採用することで操縦性を実現したKLX300SMでは、コンディションや好みに合わせて最適なパフォーマンスを発揮できるように、コンプレッションダンピングを調整可能にした43mmの倒立カートリッジスタイルのフロントフォーク、バンプ吸収と伸側減衰、プリロードを調整できる「Uni-Trak」リアサスペンションを採用。

カワサキ「KLX300SM」のベース車「KLX300」

 フロントにはKLX300より大径の300mmペタルディスクとツインピストン・キャリパー、リアにはKLX300と同系の240mmのペタルディスクとシングルピストン・キャリパーを装備し適切な制動力と操作性が確保されています。

  なお、KLX300の日本市場への導入が現状、未定となっています。

【了】

【画像】カワサキ「KLX300SM」の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事