3気筒エンジンに独特のスタイリング 希有な存在のヤマハ「MT-09 SP」は完成度の高いスポーツネイキッドだった

ヤマハの大型スポーツネイキッド「MT-09 SP」は、標準仕様の「MT-09」をベースに性能と質感を高めた上位機種です。過激なスポーツ性能だけじゃない魅力を試乗で確かめます。

オトナになったやんちゃ坊主、その熟成の極みを再確認する

 ヤマハの「MT-09」シリーズが登場した当時、スゴイ、すごいと耳にして実際に自分がテストする機会に恵まれた時、そのワケが解りました。モタードバイクのアジリティをその中に封入したロードバイク、新作だった3気筒900ccエンジン、ストリートファイターとも取れる切れ上がったデザインの「MT-09」はウワサ通りでした。

ヤマハ「MT-09 SP」に試乗する筆者(松井勉)

 実際にエンジンをスタートさせると、回転の滑らかさの中にビートを効かせた刺激的なサウンドが唯一無二。クラッチを合わせ、アクセルを開けた瞬間から弾かれたように加速し、その増速とともに3気筒エンジン独自の「キューン!!」とうなるエンジンはさらなる加速の世界へと誘います。

 なるほど、ソフトで前後へのピッチングを許容するサスペンションは、まずはその動きはじめにある少々の弛みにも思える領域をライダーがキッチリコントロールしてからタイヤに荷重を載せる必要が出てくる印象で(MT-09の誘惑に載せられて上り詰めた領域でのお話です)、気持ち良く汗をかけるバイクだと理解するまで時間はかかりませんでした。

 アクセルを大きく開ければフロントタイヤが地面を軽々と離れる、集中力と技量を総動員して走るのは確かにモタード的で、ツーリングを模しておっとりと6速で流してみるものの、加速を知った体は黙ってはいられません。いや、それほど楽しいバイクであり、別の表現をすれば“希有なやんちゃバイク”だったのです。

ヤマハ「MT-09 SP」(2020年型)カラー:ブラック

 その後、初期型のそうした部分は良い意味でマイルドな方向に熟成され、ロードバイクとして通常の領域へとチューニングされてきましたが、地面を離れていた前輪が浮くか浮かないかギリギリの線で味わえる加速の突進感は健在でした。その後「トレーサー」や「XSR」など兄弟車が増える中、シリーズとして存在し続け、しっかりと成長したのはご存じの通り。

 前置きが長くなりましたが、今回試乗した2020年型の「MT-09 SP」は、シリーズに加わった上級バージョンです。リアにオーリンズ製サスペンションを採用し、KYB製フロントフォークも合わせてセットアップを見直しています。ヤマハの「YZF-R1M」や「MT-10 SP」などと同様、イメージカラーに濃いブルーとシルバーを纏ったモデルです。

 エンジンを始動した途端、初期型に乗った記憶が湧き上がるのは毎度のことです。3つ用意されるライディングモードは「A」、「STD」、「B」とあり、それぞれ「ダイナミック」、「ツーリング」、「レイン」という趣向で、アクセルレスポンスが最も刺激的になる「A」を選択すれば弾ける加速が楽しめますが、今回は「STD」を中心に走った印象をお伝えします。

排気量845ccの水冷直列3気筒DOHC4バルブエンジンを搭載

「MT-09」シリーズ独自のスタイルは、アグレッシブさと上質さをバランスさせているのが特徴です。エンジンのカバー類など外から見える範囲はボルト類までしっかりと神経が使われ質感があります。また、ハンドル左右のスイッチボックスも、どこか70年代、80年代のバイクを思わせるコンパクトな中に使い勝手を盛り込んだもの。

 走り出すと、そろりとクラッチを繋いでもアイドリング付近からしっかりトルクがあり発進もスムーズ、加速時の姿勢変化も設計に織り込み済みで安心感があり、リアのオーリンズ製サスペンションはスポーツバイクらしい受け止めをします。それでいてストローク初期の動きの良さはさすが。ハイグリップラジアルタイヤでもスポーツ系の仕立てとなるモデルを履きつつ、リアからの突き上げがマイルドなのも嬉しいところ。

「SP」仕様に装備されるクイックシフターは、作動条件が4000回転以上なので、市街地ではうま味を感じませんでした。海外のモデルのように2000回転台からでも使えて、かつシフトダウンも出来るものにアップデイトされるとなお嬉しい、と思いました。

「MT-09 SP」のライディングポジションは、燃料タンクが前後に短く、ワイドなハンドルバーと、やや後退した位置のステップを組み合わせたもの。市街地からハンドリングに軽快感があり、排気量900ccクラスのバイクを操っている重厚感や気負いはありません。

 市街地よりも速度域が上がる都市高速でも、次々現れるカーブの連続はこのバイクにとってはご馳走のようなもので「楽しい!」の一言です。前後のブレーキが見せる制動力はサスペンションセッティングと相まってバイクをコントロールする充実感を楽しめます。

弾けるようなスポーツ性を秘めながら落ち着いた走りも退屈することが無く高速道路のクルージングもストレスフリーという希有な存在

 300kmちょっとのテスト走行ではツーリング的にも走ってみましたが、低い速度でも退屈することが無く、かといって加速せよ、と誘惑ばかりをする“悪魔性”も影を潜めます。アクセルを開ければとんでもないスポーツ性を秘めながらも熟成の正しさに感心しました。

 2021年にはモデルチェンジを控えていますが、この完成度、間違い無し! そんな思いでガレージに戻したのです。

※ ※ ※

 2020年型のヤマハ「MT-09 SP ABS」の価格(消費税10%込み)は113万3000円、標準仕様の「MT-09 ABS」は102万3000円です。

【了】

【画像】ヤマハ「MT-09 SP」の詳細を見る(16枚)

画像ギャラリー

Writer: 松井勉

モーターサイクル関係の取材、 執筆、プロモーション映像などを中心に活動を行なう。海外のオフロードレースへの参戦や、新型車の試乗による記事、取材リポートを多数経験。バイクの楽しさを 日々伝え続けている。

最新記事