モトグッツィ新型「V9」シリーズ公開 新エンジンとシャシーの採用でライディンの楽しさを向上

イタリアの老舗バイクブランド「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」はネイキッドモデル「V9 Bobber(ブイ・ナイン・ボバー)」および「V9 Roamer(ブイ・ナイン・ローマー)」の最新モデルを公開しました。新型V9シリーズはどのような進化を遂げたのでしょうか。

タイプの異なる2モデルを公開

 イタリアの老舗バイクブランド「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」はネイキッドモデル「V9 Bobber(ブイ・ナイン・ボバー)」および「V9 Roamer(ブイ・ナイン・ローマー)」の最新モデルを公開しました。

モトグッツィ「V9 Bobber(ブイ・ナイン・ボバー)」新型モデル

 モトグッツィのアドベンチャーモデル「V85TT」に搭載されたエンジンから派生した、最高出力65馬力、最大トルク73Nmを発揮する排気量850ccのパワーユニットを搭載する新型V9シリーズは、進化したシャシーを採用することでライディングの楽しさを向上したネイキッドモデルです。

 振動を軽減するラバーパッドにマウントされたフットペグを新たに採用し、快適な乗り心地を追求した新型V9シリーズでは、安全性に寄与するABSに加え、調整可能なトラクションコントロールシステム(手動で無効化可能)も標準装備。高いレベルの走行性能を実現しています。

 V9 Bobberにおいては薄手のシートを採用した上で、ルミ製のサイドパネルと短いフロントマッドガードも新たに採用。ワイドなタイヤや新しいデジタルインスツルメントクラスター、モトグッツィの象徴といえるイーグルの形をしたデイタイム・ランニング・ライト(DRL)付きのフロントヘッドライトを含むフルLEDの灯火類も搭載されています。

モトグッツィ「V9 Roamer(ブイ・ナイン・ローマー)」新型モデル

 また、V9 Roamerにおいては小ぶりなウインドスクリーンを装着した上で、マッドガード、燃料タンク、サイドパネルに光沢のある色を採用し、エレガンスな雰囲気を強調しています。 

 これまでにも日本市場で販売されてきたV9シリーズだけに、早期導入に期待したいところです。

【了】

【画像】モトグッツィ新型「V9」シリーズの画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事