さらにアクティブな毎日へ! ホンダが大型スポーツモデル「NC750X」「NC750X デュアルクラッチ トランスミッション」をフルモデルチェンジ

ホンダは、同社の大型スポーツモデル「NC750X」「NC750X デュアルクラッチ トランスミッション」をフルモデルチェンジし、ホンダ ドリームより2021年2月25日に発売すると発表しました。

さらにアクティブな毎日へといざなうクロスオーバー アーバン トランスポーター

 ホンダは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒の745ccエンジンと、取り回しやすい低重心の車体パッケージングや使い勝手の良いラゲッジ収納などで、幅広い層のユーザーから好評を得ている大型スポーツモデル「NC750X」、「NC750X デュアルクラッチ トランスミッション」をフルモデルチェンジ。2021年2月25日より、ホンダドリームを通しての販売を開始すると発表しました。

ホンダの大型スポーツモデル「NC750X」「NC750X デュアルクラッチ トランスミッション」

 今回フルモデルチェンジされた、マニュアルトランスミッション仕様のNC750Xと、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)仕様のNC750X ュアルクラッチ トランスミッションは、ツーリングなどにおける走る楽しさと、日常での扱いやすさを高次元で両立させるため、「さらにアクティブな毎日へといざなうクロスオーバー アーバン トランスポーター」を開発コンセプトに、動力性能を向上させたパワーユニットを新設計フレームに搭載。

 先進の電子制御技術を採用するなど、スポーティーな走りと扱いやすさを追求するとともに、よりアクティブなイメージを強調したスタイリングに一新されました。

最高出力58ps/6750rpmを発揮する水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒エンジン搭載

 パワーユニットは、ピストン裏面の肉抜きにより軽量化されるとともに、クランクシャフトのカウンターウェイト重量の最適化やバランサー軸径の見直しなどにより、エンジン単体での軽量化が実現されました。

 また、エアクリーナーが新設計され、吸気ダクト開口部を車体側面に変更。あわせて、吸気ダクト断面積を拡大させて吸気抵抗を低減するとともに、スロットルボア径を拡大させるなどし、最高出力の向上と力強いエンジンフィールを実現しています。

 ほかにも、エキゾーストチャンバーの形状を最適化することで排気の整流効果を向上させるとともに、高効率貴金属触媒を採用したキャタライザーを小型化。2020年の排出ガス規制に対応しつつ、出力の向上と軽量化実現しています。

前モデルに比べローレシオ化されたデュアルクラッチ トランスミッション(DCT)

 さらに、減速比と変速比をあわせたトータルレシオは、マニュアルトランスミッション仕様の2から4速とDCT仕様の1から4速を、前モデルに比べてローレシオ化することで、市街地などでの力強く軽快な走りを獲得。マニュアルトランスミッション仕様のクラッチには、クラッチレバーの操作荷重軽減と、シフトダウンに伴う急激なエンジンブレーキによる後輪のホッピングを軽減する、アシストスリッパークラッチが新たに採用されました。

 ライダーをサポートする電子制御技術としては、ライダーのスロットルグリップ操作を電気信号に変換し、スロットルバルブ開度制御をおこなうスロットルバイワイヤシステム(TBW)を新たに採用。エンジン出力、ホンダセレクタブル トルク コントロール(HSTC)、エンジンブレーキ、DCT仕様ではATモード選択時のシフトスケジュールを加えた各制御レベルを組み合わせることで、さまざまなシーンでライダーが好みの走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードが搭載されています。

NC750Xに採用された新デザインの液晶メーター

 さらに、新デザインの液晶メーターには、バッテリー電圧や平均車速などの表示情報が追加されるなど、日常からツーリング用途まで、幅広いシーンでの使い勝手がより高められました。

ラゲッジスペース容量は23Lに拡大

 新設計のフレームは、向上した動力性能に対応させながら各部の板厚を調整し軽量化するなど、より一層軽快な運動性能を獲得するとともに、バッテリーなどの部品の配置が見直され、ラゲッジスペース容量を23Lに拡大。日常での使い勝手が、さらに向上されています。

 また、前方の見通しが利きやすいアップライトなライディングポジションと良好な足つき性はそのままに、前後サスペンションセッティングの変更により、よりしなやかで快適な乗り心地が確保されました。

 軽量化による運動性能の進化と、最高出力の向上をスタイリングで表現するためには、外観部品はフロントの足まわりをより際立たせる形状にするとともに、層状構造を採用することで軽快感を演出。車体前方上側に塊感を持たせることで、より一層アクティブな印象となっています。

 シートには、上面と左右側面に質感の異なる表皮が採用され、右側面に車名ロゴを配することでスポーティーな印象と質感の高さが表現されました。

NC750X デュアルクラッチ トランスミッション仕様

 カラーバリエーションは、アクティブな印象の「グランプリレッド」と、洗練された印象の「パールグレアホワイト」、タフで重厚な印象の「マットバリスティックブラックメタリック」の3色を設定。価格(消費税込)は、NC750Xが92万4000円、NC750X デュアルクラッチ トランスミッションが99万円です。

【了】

【画像】「NC750X/NC750X DCT」の詳細を画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事