ヤマハ「JOG」シリーズ2021年モデル登場 上質なマットカラーと落ち着きあるブラウンを追加

ヤマハは、スポーティな外観で人気の原付一種スクーター「JOG Deluxe(ジョグ・デラックス)」および「JOG(ジョグ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして発売します。

歴史あるJOGの最新モデル

 ヤマハは、スポーティな外観で人気の原付一種スクーター「JOG Deluxe(ジョグ・デラックス)」および「JOG(ジョグ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして3月3日に発売します。

ヤマハ「JOG Deluxe(ジョグ・デラックス)」(マットブラック)

 ヤマハが販売する原付モデルJOGは、1983年に初代が登場して以来、多くのユーザーに親しまれてきた同社を代表するモデルです。
 
 ヤマハは2016年にホンダと原付一種領域での協業に向けた業務提携について検討を開始していますが、その協業第一弾として2018年に現行モデルに続く新生JOGが誕生しました。

 2021年モデルのJOG Deluxeでは、シルバーの立体エンブレムが映える上質な“マットブラック”を新たに採用。

ヤマハ「JOG(ジョグ)」(マットグリーン)

 スタンダードモデルのJOGには、存在感あるオレンジのグラフィックが際立ち、遊び心あふれる“マットグリーン”と、爽やかなホワイトグラフィックを組み合わせた落ち着きのある “ブラウン”の2色を新設定しています。
 
 また、上位グレードであるJOG Deluxeでは燃料の余分な消費や騒音、排出ガス低減に貢献するアイドリングストップ、ダブルステッチのシート(シート高はJOGが705mm/JOG Deluxeが720mm)が採用されています
 
 なお、「JOG Deluxe」の“ブルー”、「JOG」の“マットシルバー”“ブラック”“ホワイト”は継続して販売します。

 そのほかブレーキングをサポートするコンビブレーキなどを装備たJOGシリーズの価格(消費税込)17万500円からで、販売計画(年間・国内)2万2000台、製造は本田技研工業株式会社が行います。

【了】

【画像】ヤマハ「JOG(ジョグ)」2021年モデルを見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事