2022年に国際展開を目指すFTN Motion「Streetdogs」 30Lの収納スペースを備えた電動バイクが完売

ニュージーランドのウェリントンを拠点とするスタートアップ企業「FTN Motion」が新たに開発した電動バイク「Streetdog」初期ロット100台が3ヶ月で完売しました。改めてその特徴を振り返ってみましょう。

シンプルな構成の電動バイク

 ニュージーランドのウェリントンを拠点とするスタートアップ企業「FTN Motion」が新たに開発した電動バイク「Streetdog」初期ロット100台が3ヶ月で完売しました。

ニュージーランドのスタートアップ企業「FTN Motion」が開発した電動バイク「Streetdog」。極めてシンプルな構成で使い勝手に優れたモデルとなっています

 創業者/デザイン担当のLuke Sinclair氏、創業者/技術・生産担当のKendall Bristow氏、共同創業者/マーケティング担当のSaskia Thornton氏の3人により立ち上げられたFTN Motionは、現在主流の内燃機搭載のモビリティに不満を抱いたことをキッカケに電動バイクを開始し、2021年初頭に販売を開始しました。

 カフェレーサー風のスタイルを取り入れたStreetdogは、近年に見られる様々な機能を搭載した電動バイクとは異なり、煩雑なアクセサリーを必要としないシンプルでストレスフリーなレイアウト、ユーザーによるカスタマイズが可能な洗練されたクラシックなデザインを採用。

ニュージーランドのスタートアップ企業「FTN Motion」が開発した電動バイク「Streetdog」。30Lの広大な収納スペースを備えています

 総重量62kg、100kmの航続距離を実現しつつ、一般的なバイクのガソリンタンクに当たる箇所にホンダ「NC750」シリーズのような30Lの広大な収納スペース(現地のビール6本パック6個分、2リットルの牛乳瓶15本分)を備えることで利便性も高められています。

 スタートアップ企業であり、大きな広告予算もなかったというFTN Motionですが、立ち上げに関わった3人は次のようにコメントしています。

ニュージーランドのスタートアップ企業「FTN Motion」。左から、Kendall Bristow氏、Saskia Thornton氏、Luke Sinclair氏

■Luke Sinclair氏
「広告にかけるお金はありませんでしたから、街に出てバイクを見せびらかしました。お金をかけずにこれだけの反響を得られたのは素晴らしいことでした。みんなデザインを気に入ってくれて、こんなバイクは他にはないと喜んでくれていました」

■Kendall Bristow氏
「私たちが取り組んでいる主なことの一つは、バイクの外観を改良することです。タンクやボディを改良して、全体的により有機的な雰囲気を出すことを目指しています」。

■Saskia Thornton氏
「ベータ版の生産が完了した後、今年の後半に発売する予定です。今のところ、興味のある方はウェイティングリストに登録していただければ、日程が確定した時点でお知らせします」

※ ※ ※

 政府や消費者による電気自動車への取り組みが活発化するニュージーランドにおいて、スタートアップ企業でありながら短期間で結果を残したFTN Motion。2022年には国際展開を予定しているというStreetdogだけに日本上陸にも期待したいところです。

【了】

【画像】シンプルで使い勝手に優れたFTN Motion「Streetdog」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事