ヤマハ「YZF-R1」「Motoroid」を気軽に体感! 世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット6」で無料シェアライドサービスを提供

ヤマハは、バーチャルリアリティ(VR)上で開催される世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット6」に、「YZF-R1」と「MOTOROiD(モトロイド)」を出品し、VRワールド内を移動できる無料のシェアライドのサービスを提供します。

ヤマハのフラッグシップモデルを身近に

 ヤマハは、8月14日~8月28日にかけてバーチャルリアリティ(VR)上で開催される世界最大規模の展示会「バーチャルマーケット6」に、スーパースポーツバイク「YZF-R1」、人とマシンが共響するパーソナルモビリティ「MOTOROiD(モトロイド)」を出品し、VRワールド内を移動できる無料のシェアライドのサービスを提供します。

ヤマハが「バーチャルマーケット6」で提供する無料のシェアライドのサービス

 VR法人「HIKKY」が主催するバーチャルマーケットは、VR空間上にある会場で出展者と来場者が、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PCなど)を売り買いできるイベントです。

 ヤマハは、バーチャル空間ならではの”新しい体験価値提供”として、VR空間上で乗って移動が出来るバーチャル車両を出品し、より多くの人にバイクが持つ魅力や、乗る楽しみを体験してもらうことを目的としているといいます。

ヤマハ「YZF-R1」

 出展されるYZF-R1は、1998年の販売開始から長きに渡り改良が施されてきたヤマハのフラッグシップモデルで、今なお進化を続けています。

ヤマハ「MOTOROiD」

 また、同時に出展されるMOTOROiDは、2017年の東京モータショーで発表されたコンセプトモデルで、感動体験の創出を目的に、知能化技術を用いて「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機となっています。

ヤマハのヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット)」

 なお、ヤマハによるとバーチャル車両のほか、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット)」の3Dアバターを設置し、来場者はMOTOBOTになってバイクに乗り、会場内を回遊することが可能といいます。

 進化を続けるヤマハのバイクとVR技術の掛け合わせがどのような相乗効果を生み出すのか、期待が高まります。

【了】

【画像】「バーチャルマーケット6」に登場するヤマハ「YZF-R1」と「MOTOROiD」を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事