MotoEライダー 大久保 光のレースレポート「日本人初のMotoEライダーとしての2021年シーズン最終戦」

日本人初のMotoE(FIM Enel MotoE World Cup)ライダーとして、2021年シーズンを戦うことになった大久保 光 選手のレースレポート第13弾! 今回は、スポット参戦した鈴鹿サンデーロードレース選手権「NGK杯」をレポートしてくれました。

オフシーズンもレース三昧

 こんにちは。大久保光です。12月になりいよいよ年末って感じがしてきましたね。

 街にはクリスマスに彩られたイルミネーションと、どこからか流れてくるクリスマスソング。そんな素晴らしい雰囲気があるこの時期が、1年で一番好きかもしれません。

 私がクリスチャンということもあると思いますが、やはりクリスマスには特別な思いがこみ上げてきます。

鈴鹿サンデーロードレース選手権「NGK杯」にTEAM TEC2&YSSから参戦した大久保選手が乗ったカワサキ「Ninja ZX-25R」
鈴鹿サンデーロードレース選手権「NGK杯」にTEAM TEC2&YSSから参戦した大久保選手が乗ったカワサキ「Ninja ZX-25R」

 早速ですが、今回はシーズンオフに参戦したレースのことを書かせていただきたいと思います。

 まず日本に帰国して2週間の隔離が終わった直後からレースへの参戦を続け、気がつけば5週連続レースとなっていました(笑)。

 富士スピードウェイでおこなわれた「ミニバイク6時間耐久レース」や、テルル桶川スポーツランドで行われた「SS Killers」、茂原ツインサーキットでおこなわれた「MRカップ」、中井インターサーキットでおこなわれた「ミニバイクレース」、そして鈴鹿サーキットでおこなわれた鈴鹿サンデーロードレース選手権「NGK杯」と、オフシーズンとは思えないほど、さまざまなレースで色んなバイクに乗っています。

 そんななかでも、とくに印象に残ったレースが鈴鹿NGK杯でした。参戦クラスはJP250クラスで、マシンは今話題の4気筒250ccバイク、カワサキ「Ninja ZX-25R」です。

 チームは今年のMFJ JP250カップチャンピオンチーム、TEAM TEC2&YSSからの参戦となります。このチームは普段のレースでは主にホンダ「CBR250RR」を走らせており、今回鈴鹿サーキットでNinja ZX-25Rを走らせるのは初めてとのことで、データの無いなかでのスタートとなりました。

 またJP250クラス自体も、参戦しているのはほとんどがCBR250RRユーザー。ほぼワンメークレースのようになっている状況での、チャレンジとなりました。

 というように、今回はテスト的な要素が大きいレースとなりましたが、やはりレース。優勝を目指すのが当たり前です。

 しかし、事前の走行時間も短く、金曜日に30分の練習走行が1本、土曜日に20分の予選が1本です。その短時間のなかで、8周という決勝レースに向けてマシンを仕上げていかなければなりませんでした。

【画像】鈴鹿「NGK杯」にTEAM TEC2&YSSから参戦した大久保選手の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事