『小野木里奈の○○○○○日和』リーンアウト時のフォームは、とにかく大きく!大袈裟に!

『小野木里奈の○○○○○日和』は、ヤマハ主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』で再びオフロード走行にチャレンジします。以前受講した時に上手くできなかったリーンアウトに改めて確認し挑戦します。

2度目のレッスンでリーンアウトのフォームは改善できるのか?

 皆さん、こんにちは!小野木里奈です。本日も前回に引き続き、ヤマハさん主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』のレポートでございます。まだ前回の記事を読んでいない方は是非読んでみてくださいね!

オフロード走行で必要なテクニックでもあるリーンアウトを改めて確認します
オフロード走行で必要なテクニックでもあるリーンアウトを改めて確認します

 今回はいよいよ、リーンアウトの練習です。ちなみに、「リーン」は「傾き」という意味なんだとか。このリーンアウトは初心者ライダーの方へ是非、体験することをおすすめします! 教習所に通っていた時、教材にもイラストと説明があったのを覚えていますか? 基本的に、教習所で習っていたのはリーンウィズというライディングフォーム。カーブやコーナーを曲がるときに、車体を傾けて曲がるようにしますが、その時に車体の中心線とライダーの上半身が縦に一直線になるようなフォームです。私も、免許を取得してからは基本的にこのリーンウィズで曲がっていました。

 それに対し、このリーンアウトというフォームは、車体の中心線よりもライダーの身体が外側にずらしたような乗り方をします。この乗り方は、主に路面が悪い状態、つまりオフロードなど、滑りやすい路面で使うフォームなんだそうです。カーブする時に車体を傾けたとき、内側に大きく車体を倒すので、小さく旋回しやすくなります。まさに、このオフロードレッスンで学ぶに相応しいライディングフォームとも言えるでしょう。

インストラクターさんのお手本と解説は、ポイントをわかりやすく毎回参考になります
インストラクターさんのお手本と解説は、ポイントをわかりやすく毎回参考になります

 最初に、インストラクターさんがこれから行う受講項目のお手本を見ながら、別のインストラクターさんが詳しく解説をしてくれます。やはり、実際に目で見ることも大事ですが、どのポイントが大切なのかを細く丁寧に説明してくれるからこそ、さらに効率よく走りを観察することができます。インストラクターさんを見ていると、大きく身体を動かしているのにもかかわらず、コーナーを曲がる時に車体がブレないし、何より一定の低速でとても安定しているようでした。フォームだけでなく、これまでに習ったブレーキやアクセルの繊細な使い方が問われます。

 私はオフロードレッスンのレポート記事の最初にもお話ししたように、このレッスンが2回目の参加です。使用したコースは少し違っていましたが、レッスン内容は前回とほぼ変わらず。なので、リーンアウトのレッスンも前回習っているのですが、このリーンアウトのフォームを写真で見た時、反省点がたくさんあったので今回リベンジ参加となったわけです(笑)

1回目に参加した時は、肘も下がりフォームが全くリーンアウトできていませんでした
1回目に参加した時は、肘も下がりフォームが全くリーンアウトできていませんでした

 以前の写真を見てみると、自分で思っていた以上にフォームができていませんでした。頭では車体に対して外側に身体を大きくずらしているつもりだったのです。そして、身体を外側にずらした時、カーブに対して内側の腕は肘を伸ばし、外側の腕は肘を曲げつつきっちり上に張るフォームが綺麗に見えるはずなんですよね。少しは成功しているフォームもあれば、内側の腕は伸びきれていないし、外側の肘を曲げている腕は肘が下がっていてしょぼくれた印象のフォームでした(笑)

一人一人細かくフォームを的確に修正してくれるところがYRAの素晴らしいところ
一人一人細かくフォームを的確に修正してくれるところがYRAの素晴らしいところ

 以前の写真を見た時、とても悔しかったのを覚えています。「え、全然できていないじゃん…(泣)」と。インストラクターさんのお手本も合わせて見比べると、よりはっきりとできていない部分がわかるんですよね。レッスン終わった後は全身筋肉痛になっていたので、一応身体は使っていたはずなんです。だけど、きっと身体の使い方が間違っていたことと、余計な力が働いていたんだな、と感じました。この時、インストラクターさんは何度も皆に「とにかく大きく!大袈裟に!」と声を掛けていましたが、まさにその通り。それが必要なのでした(笑)

 自分では大袈裟にフォームを大きくやっているつもりでも、まだまだ足りなかったみたいです。なので、「今度こそはリベンジしてみせる!」と私は意気込んでいるというわけです(笑)

 それでは次回、いよいよリーンアウト実践します!お楽しみに!

小野木里奈YouTubeチャンネル『時速ONOキロメートル』

【画像】ヤマハ主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事