ヤマハ「FJR1300」20周年モデル発売 節目を迎えたスポーツアラー国内最終モデルが登場

ヤマハは大型のスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に20th Anniversary Editionを設定し、2022年2月10日に発売します。

ブラック&ゴールドで気品のある印象に

 ヤマハは大型のスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に20th Anniversary Editionを設定し、2022年2月10日に発売します。

ヤマハ「FJR1300AS」20th Anniversary Edition
ヤマハ「FJR1300AS」20th Anniversary Edition

 2001年にヨーロッパでデビューした「FJR1300」は、滑らかでトルクフルなエンジン特性と優れた長距離高速巡航性能、高い快適性と俊敏な運動性能によって“スポーツツアラー”というカテゴリーをつくり上げた長寿モデルです。

 マットブルー、ダークグレーの外装色に加えて設定された20th Anniversary Editionでは、ボディカラーをブラックメタリックXとし、タンク天面にゴールドの20周年記念エンブレム、ゴールド「FJR」ロゴ、ゴールドの前後ホイール、専用ステッチ&エンボス加工を施した専用シート、フューエルリッドやレバー、フートレストにブラックのコンポーネントカラーを採用。

ヤマハ「FJR1300AS」20th Anniversary Edition
ヤマハ「FJR1300AS」20th Anniversary Edition

 標準モデル「FJR1300A」をベースに、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能な「FJR1300AS」では、YCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)など豪華な装備が奢られています。

 国内最終モデルとなるFJR1300シリーズの価格(消費税10%込)は154万円からとなっています。

【画像】国内最後のヤマハ「FJR1300」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事