『小野木里奈の○○○○○日和』 荒れた路面の小旋回もスタンドリーンアウトで難なくクリア!

『小野木里奈の○○○○○日和』は、シートに座らず立ち上がった姿勢(スタンドリーンアウト)を駆使して苦手な小旋回を行います。

スタンドリーンアウトの使い方とは?

 皆さん、こんにちは!小野木里奈です。さて、ヤマハさん主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』のレポートも、いよいよ後半戦へ! 今の時期、雪が降るくらいの寒い日が続いており、バイクに乗ることがなかなか厳しくはありますが、暖かくなってバイクに乗る日が多くなる前に、是非テクニックのお勉強としてもオフロードレッスンを参考にしてみてください!

シートに座らず立ち上がった姿勢で行うスタンドリーンアウトを体験
シートに座らず立ち上がった姿勢で行うスタンドリーンアウトを体験

 レッスンの目標の一つはリーンアウトでしたが、次はこのリーンアウトをシートに座らず立ち上がった姿勢(スタンドリーンアウト)で練習もしていきます。スタンドリーンアウトは、車体の幅が太い時などにやりやすいライディングフォームなんだとか。なるほど、そうやって使い分けていくのですね。

 体験してみると、上半身の動きはそこまで変化はありませんが、下半身の使い方は、お尻の位置をずらすのですが、ステップを足踏みしているような感覚です。タンクを挟みつつ両足の高さを変えていきます。この時、ちゃんと体で感覚を掴まないと頭と体の使い方がごちゃごちゃになるので、注意しましょう! お尻を外側にずらして車体を倒すとき、タンクを太ももで押し出すようにしていくのがポイントです。

インストラクターさんの後に続きスタンドリーンアウトを行なっていきます
インストラクターさんの後に続きスタンドリーンアウトを行なっていきます

 スタンドリーンアウトは、基本的な体の使い方や重心のバランスは座っている時とほとんど変わりませんが、アクセル・クラッチ・フロントブレーキの操作が少し難しくなった気がします。立っている時は物理的に手元が遠くなりますし、より腕も伸ばしているので引っ張っている状態で手首の調節がやりにくかったかなと感じます。

 ただ、私は個人的には座っているよりも、スタンドリーンアウトの方が疲労感は少ないように感じました。座っている時は、お尻の位置を外側に大きくずらす動作は、何度も姿勢を変えて座り直す感覚で、これが一番全身に緊張感がはしります (笑) スタンドリーンアウトは、座り直す動作がないからなのかもしれません。

一番苦手な小旋回は、ハンドルを切りすぎてバランスを崩し、車体を倒しそうになってしまうのです
一番苦手な小旋回は、ハンドルを切りすぎてバランスを崩し、車体を倒しそうになってしまうのです

 続いて、小旋回です。実は、これが一番苦手…。オフロードに関係なく、色んなバイクを乗る時でも小旋回はどうしても恐怖心を抱いてしまいます。なぜなら、小さく曲がる時に、ちゃんと曲がれなくてハンドルに頼ってしまい、ハンドルを切りすぎてバランスを崩して車体を倒してしまいそうになるからです。

 もちろん、「車体を倒して曲がる」「目線は遠くに」など、頭では理解していても、いざやるとなったら何だか怖くて大きくまわってしまうんですよね(笑) だからこそ、このレッスンで失敗するなら失敗してみて、プロの方々から徹底的に学んでいきたいと思います。

カーブ手前は、スピードのコントロールが大切で、アクセルは一定、スピードのコントロールはクラッチで行います
カーブ手前は、スピードのコントロールが大切で、アクセルは一定、スピードのコントロールはクラッチで行います

 まずは、カーブ云々の前に、スピードのコントロールが大切なんだそうです。必ず曲がる間、アクセルは一定で、スピードのコントロールはクラッチで行います。文章で書くと、スピードに関してはとてもシンプルな技術ですよね。でも、実際に体験すると、とても難しいのです…! この動作を、レッスンではリーンアウトしながら小旋回していきます。

 リーンアウトも加えているので、お尻の位置をシート上で変える動作をしている時も、アクセルは一定かつクラッチでコントロールしていきます。この大きく動作をしているときに手元が狂ってアクセルを回しすぎてしまうことも。

 右手は一定でほとんど動かさない(アクセル)、左手はわずかに調節するために微妙に動かす(クラッチ)、両手以外の上半身は大きく車体から動かす、お尻の位置も大きく動かす、などなど… 全身それぞれやっていることが違うんです!(笑) なので、やり続けないと体に浸透していきません。

一人ずつしっかりとインストラクターさんが指導してくれるので、自分の問題点がすぐに理解できます
一人ずつしっかりとインストラクターさんが指導してくれるので、自分の問題点がすぐに理解できます

 レッスンでは、1、2回の体験だけでは済まさず、「これでもか!!」というほど練習できますし、何より一人一人をしっかりインストラクターさんが指導してくれます。私は自分の体なのに、手元に集中していたら、お尻の位置があまり変わっていなかったりするのに、インストラクターさんは見ただけで全てわかってしまうんです(笑) 当たり前ですが、誤魔化しききません(笑)

 ただ、回数を重ねていくと、最初にリーンアウトをして滑って転んでしまわないかという恐怖心が減ってきて、少しずつ車体を倒して小さく曲がれるようになってきました。そして、リーンアウトして、車体と体を引っ張りあっている方が曲がっているときに転ばないようバランスが意外にも取りやすいんだな、ということも感じられました。すごく不思議な感覚です。

車体と体を引っ張りあっている方が曲がっているときに転ばないようバランスが意外にも取りやすいのです
車体と体を引っ張りあっている方が曲がっているときに転ばないようバランスが意外にも取りやすいのです

 この小旋回も、車体が細身であれば座ったままのリーンアウト、太ければスタンドリーンアウトがやりやすかったりと、バイクの車種によって様々なんだそうです。

 いかがでしたか? 私のように、バイク初心者の方や、まだバイクに乗り慣れていない方は、小旋回は難しいと思う技術の一つだと思います。私はこのレッスンを体験して、「傾けたら倒れてしまう」という先入観を打ち破かれました (笑)

 逆に、リーンアウトしている方がバイクとのバランスを保ちやすかったりと、一つ一つできるようになってくると、新しい考え方が生まれてくるのが楽しいですよね。

 それでは、来週は総復習で、本格的なオフロードコースをこれまで習った技術を使って走っていきます。お楽しみに!

【画像】スタンドリーンアウトの仕方について画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事