カワサキ「Ninja ZX-25R」に高回転サウンドの魅力を思い起こす ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.128~

レーシングドライバーの木下隆之さん(筆者)は、カワサキ「Ninja ZX-25R」に乗って、高回転にこだわるマシンがあってもいいと言います。どういうことなのでしょうか?

やっぱり音が好き。エンジンの高回転サウンドに魅了される

 エンジンの回転計の針が跳ね上がる。カワサキ「Ninja ZX-25R」がどの回転域に達したのか、目で計器を確認せずとも想像できる。というのも、回転域ごとに独特の色合いでサウンドを奏でるからだ。

2019年の東京モーターショーでデビューしたカワサキ「Ninja ZX-25R」シリーズは、排気量249ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載する
2019年の東京モーターショーでデビューしたカワサキ「Ninja ZX-25R」シリーズは、排気量249ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載する

 回転数の上昇に比例して、マシンが発するサウンドは躍動感を増す。1万4000回転付近からは甘く蜜がトロけるような音質に変化する。そして1万8000回転という禁断の回転域に突入するのだ。

 発進直後の1速や2速の速度域では、サウンドの変化を自覚することはできない。確かに変化しているものの、アイドリングから1万8000回転のレッドゾーンまではほんの一瞬であり、これ以上は上昇しませんという頂点に達する。だが、5速や6速なら快感が味わえる。

 信号待ちのアイドリングで2500回転、高速道路のクルージングで1万2000回転、つまり、高い速度域へ持ち込む気がなくとも、甘い蜜壺の中でトロけることができるというわけだ。

 このバイクの排気量は249ccだ。250ccクラスにあって、並列4気筒エンジンは絶滅危惧が囁かれている。たしかに現行ラインナップで、クォーター4シリンダーは「Ninja ZX-25R」シリーズのみだが、この世から消えはしないだろうと想像する。脳髄を迷わせる魅惑の回転フィールは人間の感覚を刺激する。人間は快楽に貪欲なのだ。

 思い起こさせるのは、レクサス「LFA」だ。世界限定500台のスーパーマシンには、ヤマハ製のV型10気筒5リッターNAユニットが搭載されていた。カワサキに乗ってヤマハのエンジンを連想するのも不自然なハナシだが、LFAのエンジンは5リッターとしては異例に9500回転も回る。そしてそのサウンドは美しく、「天使の咆哮」と呼ばれた。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2014年)に参戦したレクサスLFAと筆者(木下隆之/写真中央)
ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2014年)に参戦したレクサスLFAと筆者(木下隆之/写真中央)

 幸運にも、LFAでニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)に参戦していたのだが、まるでアルプスの山々に響くホルンの音色ような、甘いサウンドが観客を魅了した。青空に抜ける爽やかな高回転サウンドを聴きたくて、無駄を承知でシフトダウンを繰り返し、ストレートを駆け抜けたものだった。

 LFAのレース車両開発に際しては、「仮に性能が落ちてもサウンドは失うな」が決まりごとだった。それほどLFAは高回転サウンドに拘っていたのだ。

 カワサキ「Ninja ZX-25R」で伊豆スカイラインの頂をクルージングしていると、そこがニュルブルクリンクから北西に位置するアイフェル国立公園の山々にも見えてくるから不思議なものだ。頑固一徹に、高回転にこだわるマシンがあってもいい。2輪でも4輪でも……。

【画像】高回転サウンドが魅力の2台を見る(9枚)

画像ギャラリー

Writer: 木下隆之

1960年5月5日生まれ。明治学院大学卒業後、出版社編集部勤務し独立。プロレーシングドライバーとして全日本選手権レースで優勝するなど国内外のトップカテゴリーで活躍。スーパー耐久レースでは5度のチャンピオン獲得。最多勝記録更新中。ニュルブルクリンク24時間レースでも優勝。自動車評論家としても活動。日本カーオブザイヤー選考委員。日本ボートオブザイヤー選考委員。

最新記事