ヤマハ「テネレ700」 排出ガス規制に適合した2022年モデル発売

ヤマハは、ミドルクラスのアドベンチャーモデル「Tenere(テネレ)700」の2022年モデルを発売します。新型モデルでは平成32年排出ガス規制に適合させると共に新しいカラーリングを採用されています。

どことなく懐かしさを感じさせる最新カラー

 ヤマハは、オフロードの走破性とツーリングでのユーティリティ性を高次元でバランスさせたミドルクラスのアドベンチャーモデル「Tenere(テネレ)700」の2022年モデルを5月20日に発売します。

ヤマハ「Tenere(テネレ)700」2022年モデル
ヤマハ「Tenere(テネレ)700」2022年モデル

 80年代に登場し、アドベンチャーモデルの火付け役となった「XT600テネレ」の血統を受け継ぐテネレ700は、最高出力73PS/9000rpm、最大トルク69N・m/6500rpmを発揮する排気量688ccの直列二気筒エンジンを搭載するテネレ・シリーズ最新のモデルです。

 新型として発売される2022年モデルではエンジンの平成32年排出ガス規制適合化と共に、新グラフィック&カラーを採用。

ヤマハ「Tenere(テネレ)700」2022年モデル
ヤマハ「Tenere(テネレ)700」2022年モデル

 ヤマハのレーシングマシンを彩るブルーにTénéréのビッグロゴとハーフマットのブラックを組み合わせたディープパープリッシュブルーメタリックC、ソリッドのグレーとブラックのコンビネーションでモダンな雰囲気を演出するブラックメタリックX、赤のスピードブロックを配したグラフィックとゴールドのリムで、往年のラリーシーンを彷彿させるラジカルホワイトの3色が用意されています。

“Top of Adventure Ténéré”をコンセプトに、高い車体、耐久性や整備性の高さ、荷物積載時の高い適応力が追求されたテネレ700の価格(消費税10%込)は128万7000円となっています。

【画像】ヤマハ「Tenere(テネレ)700」2022年モデルを画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事