ガーミン「Varia」シリーズ最新モデル登場 ミリ波レーダーと録画カメラを搭載したテールランプで安全なライドを見守る

クルマのドライバーからの視認性を高めるテールランプは、自転車の重要な保安部品のひとつです。自転車事故の原因の多くが後方からの接触事故というデータもあり、「GARMIN(ガーミン)」は接近するクルマを検知するとアラートを発するレーダーを搭載した「Varia(ヴァリア)」の最新モデルであるRCT715を発表しました。

ミリ波レーダーと録画機能を搭載、事故時の映像を自動保存

「GARMIN(ガーミン)」の後方レーダー機器「Varia」シリーズの最新モデル、「Varia RCT715」は、自転車走行中の後方を自動で録画・保存するカメラ機能を追加しています。走行中のライダーの安全を見守る優れた機器として、ドライバーとライダーの双方にセイフティマージンを保ってくれます。近年の自転車人気の高まりとともに、サイクリストの安全を守るツールとして注目が集まっています。

カメラとテールライトを搭載した「GARMIN(ガーミン)」の最新リアビューレーダー「Varia RCT715」
カメラとテールライトを搭載した「GARMIN(ガーミン)」の最新リアビューレーダー「Varia RCT715」

 最新モデルの「Varia RCT715」は、世界初のミリ波レーダーを内蔵することで最大140m後方から接近する自動車などの移動物体を的確に捉え、ライダー自身に素早く知らせます。また、ライト点滅でドライバーにも注意を促す従来の機能に加え、新たにカメラによる映像録画機能を搭載しました。

 ライド中に接近する車両を検出すると自動でカメラがオンとなり、事故検出時にはその前後の映像を自動的に保存する内蔵カメラを搭載しています。内蔵カメラは、シャープでクリアな記録が可能な解像度1080p/30fps、バッテリーを延長して長時間のライドを可能する解像度720pの設定から選択できます。

 また、リアライトは最大1.6km離れた地点から視認できる明るさで、遠くからもライダーの存在を認識させることができるよう設計されています。

 ライダーへの接近アラートは、別売りのサイクルコンピューター「Edge」シリーズなどGarminデバイスはもちろん、「Varia モバイルアプリ」をダウンロードすることでスマートフォンでも対応可能(Bluetoothによるペアリングが必要)、保存された映像へ簡単にアクセスができるほか、映像データの転送やデータオーバーレイなどのカメラ設定のカスタマイズが可能になります。

自転車のシートポスト部分に装着
自転車のシートポスト部分に装着

「Varia RCT715」は、専用のシートポストマウントキットで様々な自転車機種への装着に対応しています。本体は小型・軽量の設計で着脱も簡単なので、駐輪して自転車から離れるときも持ち運びが出来て安心です。

 ガーミン「Varia RCT715」の価格(消費税10%込)は4万4880円です。発売は2022年6月16日予定です(当初6月2日発売予定より変更)。

【画像】ガーミン「Varia RCT715」を見る(5枚)

画像ギャラリー

Writer: 山本健一

サイクルジャーナリスト(人力バイクのほう)。ジャーナリスト歴20年、自転車競技歴25年の公私ともに自転車漬け生活を送る。新作バイクレビューアー、国内外レースイベントやショーの取材、イベントディレクターなど、活動は多岐にわたる。

最新記事