YAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Team ヤマハのトップチームとして鈴鹿8耐に参戦

世界耐久選手権(EWC:Endurance World Championship)に参戦するYAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Teamは、2019年以来3年ぶりの開催となる“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会にヤマハのトップチームとして参戦します。

ハイレベルな鈴鹿8耐でEWCレギュラー参戦チームの最上位を目指

 世界耐久選手権(EWC:Endurance World Championship)に参戦するYAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Teamは、2022年8月4日(木)~7日(日)にかけて開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会にヤマハのトップチームとして参戦します。

鈴鹿8耐で使用されるヤマハ「YZF-R1」。ヤマハ純正オイル「YAMALUBE(ヤマルーブ)」の最高峰エンジンオイル「RS4GP(アールエスフォージーピー)」のボトルをイメージした鈴鹿8耐専用グラフィックを採用しています
鈴鹿8耐で使用されるヤマハ「YZF-R1」。ヤマハ純正オイル「YAMALUBE(ヤマルーブ)」の最高峰エンジンオイル「RS4GP(アールエスフォージーピー)」のボトルをイメージした鈴鹿8耐専用グラフィックを採用しています

 鈴鹿8耐に参戦するYART(Yamaha Austria Racing Team)は、2000年代前半からEWC参戦を開始したチームで、2009年には初のタイトルを獲得。その後もEWCを代表するチームとしてタイトルを争ってきましたが、現在まで2度目のタイトル獲得には至っていません。

 2022年シーズンは、鈴鹿8耐のライダーとして参戦することが決まっているニッコロ・カネパ選手(イタリア)、マービン・フリッツ選手(ドイツ)、カレル・ハニカ選手(チェコ)の3人でレースに挑み、開幕戦のル・マン24時間耐久ロードレースは2位。

 第2戦スパ24時間耐久ロードレースでは、トップ走行中にトラブルでリタイアとなりましたが第2戦終了時点でトップに30ポイント差のランキング3位につけています。

 なお、ヤマハは参戦マシンとなる「YZF-R1」への技術サポートを行うほか、大会本番でもチーム運営を支援。フランス・ボルドールでの最終戦で年間タイトルを獲得するためにも、ハイレベルな鈴鹿8耐でEWCレギュラー参戦チームの最上位を目指すと発表しています。

【画像】EWCに参戦するYAMALUBE YART YAMAHA EWC Official Teamを画像で見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事