BMW Motorrad「YOKOHAMAホットロッドカスタムショー」で「R18」カスタム車両「The Wal MarkII」を初公開

BMW Motorradは国内最大級のカスタムイベント「YOKOHAMAホットロッドカスタムショー」に大型クルーザー「R18」の最新カスタム車両「The Wal MarkII」を展示します。

海外で活躍する木村信也氏の最新カスタム

 BMW Motorradは国内最大級のカスタムイベント「YOKOHAMAホットロッドカスタムショー」に大型クルーザー「R18」の最新カスタム車両「The Wal MarkII」を展示します。

BMW Motorrad「R18」をベースにした最新カスタム「The Wal MarkII」
BMW Motorrad「R18」をベースにした最新カスタム「The Wal MarkII」

 今年で開催30周年を迎えるHCSは、アメリカン・カルチャーに関連するカスタムカーやカスタムバイク、各社メーカーが車両を展示する国内最大級の屋内イベントです。

 BMW Motorradが展示するThe Wal MarkIIは、同社のビッグボクサーエンジン搭載モデルR18をベースにしたもので、現在は米国に拠点を置き、世界のカスタムファンから支持されているchabott engineering(チャボ・エンジニアリング)の木村信也氏により製作された一台です。

10月のBMW Motorradの発表によると、今年のHCSではThe Wal MarkIIの前身となるThe Walの展示が予定されていましたが、開催まで2週間を切った時点で急遽、最新カスタムに変更。

BMW Motorrad「R18」純正アクセサリー装着車
BMW Motorrad「R18」純正アクセサリー装着車

 当日のブースではBMW Motorradの純正アクセサリーを組み込んだ車両やウエアの展示、木村信也氏のトークショー(11:45〜12:00/13:45〜14:00)も開催されます。

 なお、ショー当日にBMW Motorradブースに足を運んだ来場者には限定オリジナルステッカーもプレゼントされます。

【画像】「The Wal MarkII」の前身、「The Wal」を画像で見る(21枚)

画像ギャラリー

最新記事