どうするのが正解? フロントサスペンションの定期オーバーホールを徹底解説

バイクには前後にサスペンションが付いていますが、どちらも消耗品とされています。リアは外部に別体で装着されているので、そのものを交換する事がほとんどですが、フロントはフォークに内蔵されているため、分解してオーバーホールする事でリフレッシュするのが一般的です。では、オーバーホールとは、一体どのようなことをするのでしょうか。

バイクのサスペンション形式

 バイクには前後にサスペンションが付いており、どちらも消耗品とされています。

 リアサスは外部に別体で装着されている為、丸ごと交換するのが一般的。フロントサスはフォークに内蔵されている為、分解してオーバーホールする事でリフレッシュする事になります。

 では、フロントサスのオーバーホールとは、どのような事をするのでしょうか。

フロントサスペンションは定期メンテナンスが必須
フロントサスペンションは定期メンテナンスが必須

 バイクだけでなく、クルマにもサスペンションは欠かせないパーツ。もし装着されていなければ、路面からの振動を直接受け、どちらも乗れたものではありません。そんなサスペンションの本体は、大きく分けてふたつのパーツで構成されています。それは、スプリングとショックアブソーバー。

 リアは外見から分かりやすく、スプリングの内側にある筒がショックアブソーバーで、機能としてはスプリングだけではハネてしまうのを抑える効果を担います。

 スプリングとショックアブソーバーを組み合わせるサスペンションの形式はクルマも同様で、スタンダードな形式と言って良いでしょう。

フロントサスペンションはフロントフォークに内蔵されている。
フロントサスペンションはフロントフォークに内蔵されている。

 一方のフロントサスは外見からはスプリングもなければ、筒も見当たりません。しかし、実際はキチンとフロントフォークの中に内蔵されています。そんなフロントフォークは二分割になっていて、メッキされたシャフトが内側から伸び縮みするのはそのためです。

 前後でサスペンションの形式が違う理由としては、フロントには別体で取り付ける場所がない上に、フロントフォークの形状が内蔵するのにうってつけだったことも一因。古いモデルではスプリングが別になっている物もありましたが、結局は現在のような内臓形に集約されました。

フロントフォークはオーバーホールが可能

 フロントフォークの内部はオーバーホールが可能で、だいたい1万㎞から2万kmごと、もしくは2年ごとと言われています。

 フロントフォークのオーバーホールというのは、そもそもなにをするのかというと、分解して内部のオイルとオイルシールなどの消耗品を交換するのが主な作業。

 冒頭で紹介したように、スプリングとショックアブソーバーを組み合わせてサスペンションとなりますが、ショックアブソーバーはオイルの中を穴の開いたピストンが上下することで、減衰力(吸収力)を出しています。

 そのため、走行中は常に動いていることから、オイルは次第に劣化してサラサラになり、当初の機能を果たせなくなります。そこでオイルやシールを交換し、初期の状態に戻すのがオーバーホールの目的。また、交換ついでにオイルの硬さを変えれば、チューニングすることも可能です。

リアサスペンションはオーバーホールではなく定期的な交換が必須
リアサスペンションはオーバーホールではなく定期的な交換が必須

 では、フロントサスはオーバーホールできますが、リアはどうなのでしょうか? 

 それは前述したとおり、構造がまったく異なる為、基本的には新品交換。ブランドメーカーのものであればオーバーホールをしてくれますが、ノウハウや特殊な工具が必要なため、メーカーに送って依頼するのが一般的です。また、新品が手に入らなくなった旧車の場合は、筒の先端を強制的に外して分解するなどのサービスを行っている専門店も存在します。

 しかし、新品や社外品が手に入るなら、そのまま交換してしまったほうが費用も手間もかかりません。簡単に言ってしまうと、フロントサスはオーバーホールをすることが前提で作られていて、リアサスは交換が前提で作られているということ。これは構造に関係していることもありますが、フロントのほうがブレーキングで大きな荷重がかかることもあり、負担が大きい点も理由のひとつ。

 実際に抜いたオイルを見ると真っ黒で、性能が発揮できていないことはすぐにわかります。そのため、フロントサスは消耗部位として認識し、定期的なオーバーホールを行うようにしましょう。

 オイルの劣化を抑えれば、オイルシールやシャフトなどの寿命も伸ばすことができ、快適な走りをキープすることができます。

【画像】フロントサスペンションの定期メンテナンスを画像で見る

画像ギャラリー

最新記事