冬は乗らないという人必見! バイクを冬眠させるための準備を徹底解説

冬の間はバイクに乗らないという人も多いと思います。寒いのが苦手だという人もいれば、雪や路面の凍結が怖いので、乗りたくても乗れないという人もいるでしょう。では長期間乗らない場合、どのような点に気をつけて保管すると良いのでしょうか。

保管する際は錆やバッテリー上がりに要注意!

 寒さが急に厳しくなり、バイク乗りにとっては非常に辛い季節となりました。

 寒いだけであれば、しっかりと防寒をしてバイクに乗ることはできるものの、地域によっては雪や路面凍結の影響で、冬の間は、ほとんどバイクに乗れないケースもあります。

 その場合、春になるまでの数か月間バイクを放置しておくことになりますが、正しい手順を踏んで保管しないと部品が劣化したり、故障したりしてしまうリスクがあります。

 では、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

バイクを冬眠させる際は、ガソリンタンクは満タンにする
バイクを冬眠させる際は、ガソリンタンクは満タンにする

 まず、ガソリンタンクにはガソリンを満タンに入れておく必要があります。ガソリンが満タンではなく、タンクの中に空気が残っている場合、寒暖差により結露が発生。タンクが錆びる原因となってしまいます。

 タンクの中は外装のような塗装はされておらず、サビに強くありません。少しでも錆びてしまうと、はがれたサビによって燃料ラインがつまるなどの不調が発生してしまうことも考えられます。そのため、バイクを冬眠させる場合、サビには敏感になるべきです。

 次に気をつけたいのがバッテリー。冬眠中はバッテリーのマイナス端子を抜き、放電を抑えることが重要です。バイクに乗っていない間も、バッテリーは自然に放電してしまいます。また、盗難防止システムなどでわずかに電気を使っている例も。

 バイクに定期的に乗っていればバッテリーはその都度充電されますが、長い期間乗らないと、バッテリーが上がってしまう可能性大。そのため前述した通り、端子を外してバッテリーの消費を抑えることが重要です。

センタースタンドやメンテナンススタンドでタイヤの負荷が集中しないようにする
センタースタンドやメンテナンススタンドでタイヤの負荷が集中しないようにする

 また、長い間動かさずにいると、タイヤの一点に負荷が集中し、タイヤが変形してしまうことも考えられます。メンテナンススタンドやセンタースタンド等を用いてタイヤを浮かせることができればベストですが、ない場合はタイヤの空気圧をやや高めにしたり、定期的にバイクを移動させたりすることで、タイヤへの負荷を軽減させることができます。

 その他、見落としがちなのが、バイクの「汚れ」。

 バイクを冬眠させる前についた汚れをそのままにしてしまうと、再び乗り出す時にはこびりついてしまい、落とせなくなる恐れがあります。バイクを冬眠させる前にしっかりと汚れを落とし、可能であれば各部をコーティング、グリスアップしておくようにしてください。

 比較的新しいバイクの場合は、基本的にここまでの対策をしていれば問題ありません。しかし、構造が古いバイク、具体的に言うと燃料供給方式がインジェクションではなくキャブレーターのバイクの場合は追加でもうひとつの作業があります。

キャブレーターのガソリンを抜く事も忘れない
キャブレーターのガソリンを抜く事も忘れない

 それは、キャブレーターの中のガソリンを抜くこと。キャブレーターは完全に密閉されておらず、キャブレーター内のガソリンは酸化しやすい状態にあります。

 長い間バイクを動かさずにいると、ガソリンの一部の成分は揮発し、揮発しにくい成分は酸化してドロドロになることで、キャブレーターが詰まってしまいます。

 また、キャブレーターからガソリンを抜く前にはタンクとキャブレーターを繋ぐ燃料コックをオフにしなければなりません。なぜなら、燃料コックを切らなければ、ガソリンは延々とキャブレーターから流れていってしまうから。燃料コックの種類によってはオフがないものもありますが、その場合はオンの位置のままで問題ありません。

 燃料コックを操作したあと、キャブレーターについているドレンボルトを少し緩めることで、キャブレーターのガソリンは簡単に抜くことができます。

※ ※ ※

 バイクを長期保管する場合の注意点をまとめると、ガソリンは満タン、バッテリーは外す、タイヤに空気を入れ、定期的に転がす、汚れを落とす、などに気をつけていれば安心です。なお、古いバイクの場合はキャブレーターのガソリンを抜くことも忘れないようにしましょう。

【画像】バイクを長期保管する場合の注意点を画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事