カワサキ「Z1」が「Z900RS」として復活! 話題沸騰だが、Zって何がそんなに凄い…!?

真打ち「Z」がついに登場! それがZ900RS

2018 Z900RS

 中古車市場でも空冷Zシリーズの人気は衰えることを知りません。バイクファンらはずっとZの復活を願っていたのかもしれません。

 そんな声に応えて、満を持しての発売となったのが今回の『Z900RS』なのです。このネーミングを再び使うからにはカワサキは中途半端なことはできないはずです。

 高性能なだけでなく、感性とリンクするようエンジンのフィーリングや排気音にもこだわり、買った人が長く乗り続けられるよう飽きの来ないものとしています。ティアドロップ型の燃料タンクなど美しい曲線を描く普遍的でクラシカルな雰囲気を持つスタイル、そしてリラックスできるライディングポジション。バイクファンが待っていたものがそこにはあったのです。

Z900RSではカワサキ初となる排気系のサウンドチューニングを実施
Z1イメージのテールランプやシートカウルにリアショックはモノショック式を採用
丸型LEDヘッドライトを採用

 懐古主義なだけでなく、冷却方式は水冷にしていますし、フロントフォークもより高性能な倒立式に。リアサスペンションもトラディショナルな2本出しにこだわらず、スポーツバイクで一般的なモノショック式としました。

 ヘッドライトなど灯火類はLED式ですし、トラクションコントロールといった電子制御や急なシフトダウンやミスシフトなどで過度なエンジンブレーキが掛かった際に作動するスリッパークラッチも搭載しています。300mmディスクと対向4ピストン・ラジアルマウントキャリパーの組み合わせとしたフロントブレーキも強力で、死角は見当たりません。

 タイムレスなスタイルと先進技術が融合したカワサキZの新たなチャレンジ。話題となるのは当然です。

【了】

提供:くるまのニュース

この記事の画像をもっと見る(20枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

1 2

最新記事