アウトドア好きママライダーがヤマハ「セロー」に試乗! 冒険が日常の延長線上にあるようでうれしいし!

ヤマハ「セロー250」と筆者(守田二草)
シート高はスペック上で830mmのヤマハ「セロー250」。リアシートの両サイドにハンドルスタンディングが備えられています
フラットダートでのUターンも安定してできるヤマハ「セロー250」
筆者(守田二草)の娘のお気に入りポイントでもあるタンクグラフィック。ほどよく丸みのあるフォルムが有機的な雰囲気です
ヤマハ「セロー250」2019年モデル
ヤマハ「セロー250」2019年モデル
ヤマハ「セロー250」に乗る筆者(守田二草)
モデルチェンジ後も変わらぬ姿で登場したセロー250。多くのユーザーに愛される名車です
シート高はスペック上で830mmのセロー250。 身長158cmの筆者(守田二草)でも両足のつま先がしっかり接地します
セローに搭載された鼓動感のある249ccの単気筒エンジン
街乗りから高速道路、林道と様々なシチュエーションに対応するヤマハ「セロー250」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事