ヤマハ「アクシスZ」リーズナブルで普遍的なスタイル、走りや機能性に文句なし! 放っておいても売れる!!

二段階右折や30km/h規制がなく、混雑した都市部でもスピーディに移動ができる、保険はファミリーバイク特約に入ることができるなど、維持費も安いことから昨今人気となっているのが原付2種クラスです。各社がラインナップを充実させていますが、ヤマハの「アクシスZ」は低価格な実用モデルとして人気を誇っています。

ラインナップの豊富なヤマハはこのセグメントに注力しているのか?

 昨今人気の原付2種スクーターですが、価格帯に分けると25万円以下のスタンダードクラスと、30万円を超える高級路線とがあります。前者はホンダなら「ディオ110」、スズキなら「アドレス110」「アドレス125」という布陣で、後者は「リード125」と「PCX」がホンダに、「スウィッシュ」「スウィッシュ リミテッド」がスズキから発売済みです。

ヤマハ「アクシスZ」に試乗する筆者(青木タカオ)

 これに対しヤマハは「アクシスZ」をスタンダード路線に据え置き、「シグナスX」「BW’S125」「NMAX」「トリシティ125」といった4機種を高級路線に展開。このセグメントに力を注いでいることが、ラインナップの豊富さからもわかります。

 ユーザーとしては、よりどりみどりで嬉しいところですが、愛車選びの際に“低価格”であることも重要視されることは間違いありません。灯火器類にLEDが使われていたり、メーターがフル液晶ディスプレイであることなど、上級モデルにはハイグレードな装備があるものの、日常の足として割り切る人も多いこのセグメントですから、リーズナブルなことが優先されがちになることも納得です。

 そうなると選択肢は一気に限られ、「ディオ110」「アドレス110」「アドレス125」「アクシスZ」の4拓に。どうせなら上限の125ccにとなると、もう「アドレス125」と「アクシスZ」の一騎打ちとなってしまうのでした。

普遍的なスタイルで不満なし!

 今回は「アクシスZ」に乗りましたが、これは放っておいても売れるでしょうね、というのが第一印象です。街に溶け込む普遍的なデザインで、走りもこのクラスにしては充分というかトップクラス。それでいて、カタログ値では54.6km/L(WMTCモード)という優れた燃料消費率で、ヤマハは「スクータートップの低燃費」と謳っています。

175cm 65kgの筆者が足つきをチェック

 どこかが秀でているのではなく、不満に感じるところがありません。まず、車両重量ジャスト100kgの扱いやすい軽量ボディは、前後10インチの足まわりで走りが軽快なだけでなく、駐輪スペースでの取り回しやスタンド掛けもラクにおこなえ、女性にも選ばれるでしょう。

 シート高は770mmで、座席の先端が絞り込まれた形状となっていて足つき性も申し分ありません。座面は666mmと長く、足もともフルフラットで乗り降りしやすく広々。ゆったりとしていて、疲れにくい快適な乗り心地を実現しています。気になる各モデルのシート高も明記しておきましょう。以下の通りです。

【ヤマハ】
シグナスX:775mm
BW’S125:780mm
NMAX:765mm
トリシティ125:765mm

【スズキ】
アドレス125:745mm(フラットシート仕様 760mm)
アドレス110:755mm
スウィッシュ:760mm
スウィッシュ リミテッド:770mm

【ホンダ】
ディオ110:750mm
リード125:760mm
PCX:764mm

ヤマハ「アクシスZ」の写真を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事