TECH21(テック21)カラーにキングのヘルメット!! 1985年の熱い夏を想い出す ローズ選手の演出に感謝

鈴鹿8耐5連覇を目指すヤマハファクトリーレーシングチームは、鈴鹿サーキットで行われた合同テストに参加し好タイムを記録しました。また、一際目立つカラーリングの2019耐久仕様のYZF-R1ですが、ライダーのヘルメットにも注目が集まりそうです。

8耐ファンには強烈な印象! レース本番もそのヘルメットで参加か!?

 第42回鈴鹿8時間耐久レースの合同テストが、鈴鹿サーキットで2日間行われました。一際目を引いたのは、TECH21(テック21)カラーのYZF-R1を駆るA・ローズ選手のヘルメットが1985年の鈴鹿8耐に参戦したK・ロバーツ選手のカラーリングに似たものを使用していることです。当時を知る方達には、色々と蘇ってきてしますアイテムではないでしょうか。

TECH21(テック21)YZF-R1とA・ローズ選手

 テスト初日Yamaha Factory Racing Team(ヤマハファクトリーレーシングチーム)は、1時間半のセッションを2回行なっています。2019ファクトリーYZF-R1を駆る中須賀選手とA・ローズ選手は、終始好タイムで周回重ねました。中須賀選手は全体の3番手タイムを記録し、5年連続の8時間耐久優勝を目指しています。

 中須賀選手とA・ローズ選手は、共に8耐に参戦するのは4度目となります。 また、チーム3人目のメンバーM・ファン・デル・マーク選手がSBK第7戦で負傷したことで、彼の代わりに、2人は予定されているテストプログラムに取り組みました。

TECH21(テック21)YZF-R1と中須賀克行選手

 合同テストの2日目は、YZF-R1のセットアップをさらに前進させています。午前中のセッションでは、中須賀選手が2分06秒416のラップタイムを記録し、2日目の2番手タイムを記録しました。午後のセッションでは、中須賀選手が転倒しましたがマシン、ライダー共にダメージも最小限に抑えています。A・ローズ選手は、テスト1日目のタイムから約1秒短縮し、中須賀選手と変わらぬ2分06秒475を記録し合同テスト総合3位になっています。

 午後のセッションの最後には、予定していたピットワークの練習も順調にこなし、鈴鹿8耐5連覇に向けて大きく前進しています。

ライダーコメント

・Yamaha Factory Racing Team中須賀克行選手

Yamaha Factory Racing Team中須賀克行選手

「新しいパーツを投入し、走行するたびにうまくまとまっていきました。アレックスにもセッティングを確認してもらい、好感触でした。軽く転倒してしまいましたが、まったく問題ありません。YZF-R1のセットアップは順調に進んでいます。ライバルも好タイムを出していますが、我々も決して負けていない。とても有意義な2日間になったと思います。

 チームスタッフやチームメイトとの関係性も非常に良好です。7月9~11日のテストでは僕が走行することになりますが、ここでさらにR1を煮詰めて、チームメイトに気持ちよく乗ってもらえるマシンに仕上げたいと思っています。マイケルは幸い順調に回復しているようですが、まだどうなるかは分かりません。僕としてはベストを尽くして、どんな状況でも対応できるように準備を整えます」

・Yamaha Factory Racing Teamアレックス・ローズ選手

Yamaha Factory Racing Teamアレックス・ローズ選手

「今日は中須賀さんといくつかのセットアップを試し、とてもいい手応えが得られました。僕にとってはいつものスーパーバイク世界選手権で乗っているYZF-R1とスペックが違うので、周回数を重ねることがとても重要です。タイヤチョイスやピットストップの練習も含めて、すごく前向きなテストになりました。

 この後、すぐにイギリスに戻ってイベントに参加してから、ドニントンパークでSBKレース、そしてアメリカでのSBKレースと続き、鈴鹿8耐です。忙しいスケジュールですが、アメリカではレース後に数日休みを取る予定なので、しっかりリフレッシュして万全なコンディションで鈴鹿サーキットに帰ってきます!」

【了】

TECH21(テック21)YZF-R1の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事