人気のクロスカントリーレース『JNCC』参加に必要なバイクや装備とは?

オフロードのモータースポーツの中で、近年盛り上がりを見せている「クロスカントリー」があります。参加のためには何が必要なのでしょうか?

もはやニッチなジャンルではなくなってきた?

 オフロードバイクの市民マラソンとも言えるクロスカントリーレースの中で、最大人気を誇るイベントが『JNCC(Japan National Cross-country)』です。

ホンダのファンバイク「CRF125F」は、ゲレンデの登り坂では不利だが難所用の柔らかいタイヤを履くことでレーサーに負けない走破性も手に入れることができる

 そのJNCCに参加するには、どんなバイクと装備を揃えれば参加できるのでしょうか? まず肝心のバイクは、エンデューロ/クロスカントリー専用モデル、モトクロッサー、トレールバイク、ファンバイクなどに分けられます。

 なかでもエンデューロ専用モデルはヤマハやホンダ、KTM、ハスクバーナ、BETA(ベータ)など、国内外のメーカーから発売されており、容量の大きな燃料タンクや、細かいギャップを吸収してくれるサスペンション、セルスターターやサイドスタンド、転倒などによる破損から車体を保護するガード類が装備されています。

 とくにヤマハは、大人気モデル「YZ250FX」をはじめとする4ストロークモデルや「YZ125X」など2ストロークモデルをラインナップしており、JNCCでのシェアも圧倒的ナンバーワンです。

ヤマハ「YZ250FX」

 4ストロークエンジンはピックアップが緩やかで、多少ラフにアクセルを開けてもギクシャクせず、あらゆる路面を一定のリズムで走るのに適しています。

 一方、2ストロークエンジンは軽量でレスポンスが良く、アグレッシブな走りに向いています。しかしひと昔前の2ストロークモトクロッサーのような“ピーキー”さはなく、極低回転での粘り(エンストしにくい)で、登坂などに適した性能も持っています。

 JNCCでは、4ストロークエンジンと2ストロークエンジンのシェアは二分しています。

 またひと昔前までは、ハードに使い込まれた古く傷んだバイクや、古いウエアを着るライダーも多く見られましたが、現在のJNCC会場には、綺麗なパーツでドレスアップされたマシンや、比較的新しいウエアを着るライダーがほとんどです。

 ガード類やレバー、ペダルなど、アフターパーツに換装するライダーも多く、市場としては活気があるジャンルと言えます。

トップライダー鈴木健二選手とヤマハ「セロー250」。高価なレーサーでなくてもトレールバイクやファンバイクなど、ガード類や抜けの良いマフラーなどを装着すれば高いポテンシャルを発揮する

 タイヤも様々なメーカーから専用品が続々リリースされています。世界的なハードエンデューロ人気を踏まえ、「iRC」から発売された「ix-09W GEKKOTA」から発した「ガミータイヤ」(柔らかいゴムを採用)ブームや、剛性も確保したオールラウンダーなタイプが人気を博しています。

 タイヤの空気圧管理も大事な要素です。通常、一般道で走る適性空気圧よりもはるかに低圧で走ります。通常のコンディションで0.5kgf/cm2くらいになります。マディ(泥路面)などのコンディションでは0.1kgf/cm2(ほぼ大気圧状態!)くらいまで空気を抜いて走破することもあります。

 パンク防止のため、ビードストッパー(リムとビードのずれを防止する)を、通常1個のところ、2個か3個に増設したり、標準タイプよりも分厚い「ウルトラヘビーチューブ」を使用します。

 また、チューブの代わりに発泡体の「ムース」へ変更し、絶対にパンクしない装備にする手段もあります。ムースは穴を開けたり、何度も使用して柔らかくする必要があります。装着にはムース専用のレバーやタイヤチェンジャーを使用するので、初心者にはハードルが高いと言えます。

新製品ブリヂストン「E50 EXTREME」は、柔らかいコンパウンドでガレ場や木の根などでも強力なグリップを得ることができる

 専用バイクのほか、ライダーの装備としてはモトクロス用のジャージ、パンツ、ブーツ、ヘルメット、ゴーグル(ロールオフというフィルム式が多数派)、水分補給用のハイドレーションパック、ニーガード、ブレストガードなど多岐にわたります。

 必要なものは市場に数多く出回っている点からも、市民マラソンのように参加しやすく、人気がある理由かもしれません。

【了】

クロスカントリーレースに参加した画像を見る

画像ギャラリー

最新記事