ブリヂストンのハイグリップタイヤ「RS11」登場 公道スポーツタイヤのフラッグシップは2020年3月16日より発売

ブリヂストンから本気のハイグリップタイヤ「BATTLAX RACING STREET RS11(バトラックス レーシング ストリート アールエスイレブン)」が登場。2020年3月16日より発売されます。

公道走行用としては最高峰のスポーツラジアルタイヤ

 ブリヂストンから本気のハイグリップタイヤ「BATTLAX RACING STREET RS11(バトラックス レーシング ストリート アールエスイレブン)」が登場。2020年3月16日より発売されます。

ドライ路面で旋回中のグリップ性能が向上した「BATTLAX RACING STREET RS11」

 このタイヤがどういう位置づけにあるかというと、「公道を走っていいタイヤの中で一番グリップ力が高い」と言えば、そのスポーティさがイメージできるでしょうか?

 ブリヂストンのラインナップ中、ドライ路面でこれよりグリップしてくれるのは「バトラックスレーシングR11」と「レーシングバトラックスV02」のふたつですが、いずれもサーキット専用の製品であり、一般ライダーにとっての最高峰はRS11なのです。

 RSの意味するところは製品名に含まれている通り“レーシングストリート”です。「どっちやねん」的なネーミングですが「もちろんストリートも走れるけどスペックは限りなくレース寄りだし、ウェットグリップはアレなので晴れた日のワインディングを、でもどちらかと言えばサーキット走行を楽しみたいライダーにどうぞ」という解釈が正しいようです。

 MCタイヤ開発部の時任泰史さんも「一番力を注いだのはグリップ力で、それにふさわしいシャープなハンドリングを実現しています。オートポリス(大分県にある国際サーキット)で弊社のテストライダーがタイムアタックしたところ、従来モデルのRS10比でタイムが1.7%向上(タイムに換算すると約1.8秒)。あらゆる部分でその性能を超えています」と、自信たっぷりに語ってくれました。

新製品の解説をするブリヂストンMCタイヤ事業部長の内田達也さん(左)と開発部の時任泰史さん(右)

 実際、そのトレッドパターンはかなりアグレッシブで、バンク角が深くなる部分はほとんどスリック状態。フロントもリアもショルダー部分にはソフトなコンパウンドを採用し、コーナリング重視のスペックになっています。

「とはいえ、ストリートでの安全性も踏まえてウェット性能も確保しています。RS10よりもミゾを長くしているのはその一環で、コンパウンドも微粒子化。これによって路面により食い込みやすくなっています」と時任さん。

 RS10になくてRS11にある性能はいくつもありますが、その中でも大きな変化がリアタイヤに投入された「V-MSベルト」という技術です。

 タイヤの内部にはスチール製のベルトが巻かれ、補強されています。イメージとしては腰痛時のサポーターのようなものですが、普通その密度は均一です。

 ところが、ブリヂストンはこれを独自の技術で開発。タイヤのセンター部分は密度を高めて頑丈にし、ショルダー部分はそれを粗くして柔らかい構造にしているのです。

 これはどういうことかというと、ストレートでフル加速する時などはそのパワーをしっかり受けとめ、旋回中やコーナーからの立ち上がりではしなやかに路面をグリップ、接地感の大幅なアップに成功した、というわけです。

ブリヂストン「BATTLAX RACING STREET RS11」

 この他にもフロントタイヤのラウンド形状を小さくし、よりシャープなハンドリングを実現してバンクさせる時の手応えが軽くなっているとのこと。実際の乗り味はどうなのか? テストコースでのインプレッションはあらためてレポートします。

■サイズ、メーカー希望小売価格(消費税10%込み)
120/70ZR17M/C(58W) 2万5080円
190/55ZR17M/C(75W) 3万8720円
200/55ZR17M/C(78W) 4万1030円

【了】

【画像】ブリヂストン「BATTLAX RACING STREET RS11」(6枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事