新コンピューター制御システムを採用した1989年型ホンダ「NSR250」のエンジンを紐解く!

世界グランプリで得た最新技術を取り入れ開発された1989年型ホンダ「NSR250」は、吸気から点火・排気にいたるまで総合的にコンピューター制御するシステムを採用し、昭和64年に発売されました。

新コンピューター制御するシステムを採用したNSR250

 国内・外で大活躍したHRCワークスマシンNSR250は、ロードレース世界GP250ccクラスで1985年以来4年連続メーカーチャンピオンを獲得しています。レースで得た最新技術をもとに開発されたスーパースポーツバイク「ホンダNSR250R」は、軽快な乗り味が楽しめ、さらに優れた空力特性をもつスラントノーズ型フェアリングや新コンピューター制御システムを採用し昭和64年に発売されました。

1989年型ホンダ「NSR250」

 NSR250Rのエンジンは、吸気から点火・排気にいたるまで総合的にコンピューター制御する90度V型2気筒水冷2サイクルエンジンで、新たにそれぞれの演算要素や機能を充実、発展させ、幅広い運転状況でいっそう俊敏で扱い易い出力特性を発揮させている。

PGM IIシステム

 88NSR250Rに搭載されていたPGMキャブレターやPGMイグニッション、RCバルブ-IIをそれぞれPGMキャブレターII、PGMイグニッションII、そしてPGM RCバルブと進化させています。

 この3つのシステムの機能強化と有機的結合がPGM IIシステムです。つまり、それぞれのシステムは、独立して真価を発揮するのではなく、それぞれの状態の情報交換を行ない、瞬間の最適かつ緻密なコントロールによって89NSR250Rのエンジンの能力を最大限に引き出すことが可能となっています。

 PGM IIシステムは、瞬間の理想的な燃焼を得るため、理論に基づいたベンチテストとライダーによる実車走行テストを繰り返すことによって得られる膨大な実験結果をコンピュータにインプットし、はじめて各システムの有機的結合が図られています。

PGM キャブレターII

 PGMキャブレターIIは、エンジン回転数とアクセル開度をコントロール・ユニットで検知し、ソレノイドバルブによってエアジェットを開閉、過渡状態の吸入混合気の適正化を図るシステムに、よりきめ細かな(エア流量、2段階→4段階)空燃比制御をするため、新たに可変エアジェットを2個とし、低速域から高速域まで、全域にわたり高い燃焼効率とドライバビリティの向上を図っています。

PGM イグニションII

 PGMイグニション IIは、エンジンの回転数やアクセル操作の開度と速度を検知・演算し、最適点火時期を設定できるマップコントロール・デジタル点火システムに、新たに独立して2個のシリンダーの点火時期を演算し、それぞれの燃焼室により適切な点火タイミングの設定と供給を可能にしました。

 また、急激なスロットル操作時に進角補正を行なうワープ点火も、ワープサイクルを16サイクルから32サイクルに引き伸ばすと同時に、ワープ領域回転数も2000rpm→5000rpmから10000rpm→11500rpm間へと拡大し、ほぼ全域でワープ点火が可能となり、過渡状態での燃焼効率を高め、アイドリング安定性やスロットルレスポンスを向上させています。

PGM-RCバルブ

 エンジン出力を高めるには、充填効率の高効率化が必要です。2サイクルエンジンは、その特性上、充填効率を高めるための排気ポートタイミングが回転数によって異なります。RCバルブIIは、この排気ポートタイミングをスロットル全開時での出力を各回転数毎に最大に発揮させる設定とし、エンジン回転数をCDIユニットを通してコンピュータで検知、適切な排気タイミングを決定します。

 そして、サーボモーターを作動させ、コントロールケーブルによって、大きな開広角と吹き抜けや乱流の少ない基本構造をもつRCバルブを開閉し、低回転から高回転まで幅広い出力特性を発揮させます。PGM-RCバルブは、この方式をさらに発展させ、スロットル開度のどの領域でも最適馬力を発生させるために、スロットル開度とエンジン回転数によるマップコントロール方式を採用し、より幅広い運転状況で最適な排気ポートタイミングを設定することが可能となりました。この結果、スロットルリニアリティと高速からの減速フィーリングを一層向上させています。

 また、エンジン出力を効率よく後輪に伝達するため、変速機各速のギア比を近づけたクロスレシオミッションを採用していました。

1989年型NSR250の価格は59万9000円でした。

■エンジン諸元
エンジン型式:MC16E(水冷2サイクル・ピストンバルブ併用ケースリードバルブ・90度V型2気筒)
総排気量:249cc
内径×行程:54.0mm×54.5mm
圧縮比:7.3
最高出力45PS/9500rpm
最大トルク:3.8kg-m/8000rpm
キャブレター型式:TA21
点火装置形式:PGM-CDI式バッテリー点火

【了】

【画像】NSR250(1989年型)を画像で見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事