日本で発売予定のハスクバーナ2021年型エンデューロモデル 2スト含む価格と主要諸元は?

スウェーデン発祥のバイクメーカー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ」は、2ストロークエンジンを含む2021年型のエンデューロモデルを発表しました。日本では2020年8月より4機種が発売予定です。

フレームはクロモリ鋼、サブフレームはカーボンコンポジットを採用

 スウェーデン発祥のバイクメーカー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ」は、2ストロークエンジン登載車を含む2021年型のエンデューロモデルを発表しました。日本では2020年8月より発売予定です。

ハスクバーナ「TE 300i」(2021年型)

 日本でリリースされるのは、2ストロークエンジンを登載する「TE 150i」「TE 250i」「TE 300i」の3機種と、4ストロークエンジンを搭載する「FE 250」の計4機種です。

 いずれのモデルもメインフレームにクロム-モリブデン鋼、サブフレーム(シートレール)に2ピースカーボンコンポジットを採用し、フロントサスペンションにはWP製XPLOR倒立フォーク、リアサスペンションにはWP製XACTリンク式モノショックを装備し、エンジン始動には容易なセルスターター方式を採用しています。

 水冷2ストロークエンジンを搭載する「TE」シリーズは燃料供給方式にDell’Orto製電子燃料噴射(TPI)を搭載し、4ストロークエンジンの「FE」にはKeihin製EFIスロットルボディ(φ42mm)、また調整可能なエンジンマッピングとトラクションコントロールを装備しています。

 ほかにも、ProTaper製ハンドルバー、MAGURA製油圧ブレーキキャリパーとクラッチシステム、D.I.D.製ホイール、軽量リチウムイオンバッテリーなどを標準装備します。

「TE」「FE」シリーズのフレーム(2021年型)

 日本で発売予定のハスクバーナ2021年エンデューロモデル、4機種の主要諸元と価格(消費税10%込み)は次の通りです。

「TE 150i」
価格:113万円
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:143.99cc
始動方式:セル/キック
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約99.6kg

「TE 250i」
価格:125万7000円
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:249cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.2kg

「TE 300i」
価格:136万5000円
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.2kg

「FE 250i」
価格:132万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC
総排気量:249.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):

※保証期間は1カ月です
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります

【了】

【画像】最新2ストエンジンも搭載するハスクバーナの2021年型エンデューロモデル(11枚)

画像ギャラリー

最新記事