スズキ「GSX250R」新型登場 ABSを追加し12月25日クリスマスに発売

スズキは扱いやすい特性のフルカウル・ロードスポーツ「GSX250R」にABSを追加した新型モデル「GSX250R ABS」を発売します。どのような特徴があるのでしょうか。

ABSを追加し安全性能を向上

 スズキは扱いやすい特性のフルカウル・ロードスポーツ「GSX250R」にABSを追加した新型モデル「GSX250R ABS」を2020年12月25日に発売します。

スズキ「GSX250R ABS」トリトンブルーメタリックNo.2

「アーバンアスリート」をコンセプトに、都会や郊外を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしたテールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなスタイリングが与えられたGSX250R ABSは、排気量248ccの水冷2気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデルです。

 街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性(最高出力18kW/8000rpm、最大トルク 22Nm/6500rpm)と優れた燃費性能(41km/L)を併せ持つGSX250R ABSでは、スズキのスポーツバイクの特長である、ヘッドライト左右に配置した吸気口とポジションランプを採用。

スズキ「GSX250R ABS」パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック

 長距離の走行に安心な大容量15Lの燃料タンク、快適なライディングポジションに調整したセパレートタイプのハンドルバーと前後分離式シート、専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンション、前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備するなど、充実した内容となっています。

 クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック、パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2の計4色が用意されたGSX250R ABSの価格(消費税抜)56万9800円からで、製造は中国で行われます。

【了】

【画像】スズキ「GSX250R ABS」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事