アプリリア「SXR160」洗練された外観と高い環境性能を両立するマキシスクーター登場

イタリアのバイクブランド「アプリリア」は、新型のスクーターモデル「SXR160」の予約をインド市場で開始しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スタイリッシュな軽二輪スクーター

 イタリアのバイクブランド「アプリリア」は、新型のスクーターモデル「SXR160」の予約をインド市場で開始しました。

アプリリアの新型スクーター「SXR160」

 2020年初頭にインドで開催された「オートエキスポ」で初公開されたSXR160は、インドの最新排ガス規制「BS VI(バーラト・ステージ・シックス)」に対応しつつ10.9PSを発揮する排気量160ccの単気筒空冷3バルブを搭載したマキシスクーター(ビッグスクーター)です。

 ブラックアウトしたフロントスクリーンやLEDライト、鋭いフロントフェイスを演出するデイタイム・ランニング・ライト(DRL)などを備えたSXR160では、スタイリッシュさを際立たせるためスポーティなグラフィックを採用。

 併せて7リッターの大型ガソリンタンクやモバイル機器の充電に最適なUSBポート、シングルチャンネルABSなどを標準装備することで、利便性と安全性を向上させています。

アプリリアの新型スクーター「SXR160」

 今回の発表に際し、ピアッジオ・インディアの会長兼マネージング・ディレクターのディエゴ・グラッフィ氏は次のようにコメントしています。

「当社のプレミアムスクーターであるアプリリアSXR 160が生産ラインからロールアウトを開始したことを大変うれしく思います。2020年は課題に満ちた年でしたが、待望のスクーターを一日も早くお届けするという約束を果たす決意をしていました。

 私たちは、独自の次世代デザインと技術的に先進的な機能を備えたSXR 160が、アプリリアを愛する皆様に新たな永遠の体験をもたらすことを確信しています」

※ ※ ※

 日本においては高速道路も利用できる軽二輪扱いとなるSXR160。近年需要が高まるクラスだけに日本への導入に期待したいとことです。

【了】

【画像】アプリリアの新型スクーター「SXR160」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事