スズキ「SV650」新型モデル登場 独自路線を貫くロードスポーツがカラーチェンジ

スズキはシンプルな外観のネイキッドモデル「SV650」シリーズの新型モデルを202年1月28日に発売します。2021年モデルとして登場した新型では新しいカラーリングが採用されました。

トレンドを追わないスズキ独自の個性派ロードスポーツ

 スズキはシンプルな外観のネイキッドモデル「SV650」シリーズの新型モデルを202年1月28日に発売します。

スズキ「SV650 ABS」2021年モデル(グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト)

 1999年に初代が登場した「SV650」シリーズは、排気量645ccの水冷90度V型2気筒エンジンを搭載し、低回転域から高回転域まで、Vツインならではの鼓動感と力強く伸びのあるパワー出力が魅力のロードスポーツバイクです。

 車幅をスリムにできるエンジンは軽量なスチール製トラスパイプフレームに抱えられ、Vツインエンジンの造形を強調しつつ低重心と197kgの軽量な車体重量を実現し、高い安定感と優れたスポーツ性能を発揮します。

 トレンドを追わないスズキ独自の車体構成は、シート高785mm、容量14リットルの燃料タンク、ハロゲンバルブを採用する丸形ヘッドライト、LEDテールランプ、フルLCDインストルメントパネル、前後一体型のフラットなシートなど、いたってオーソドックスな内容となっています。

カスタムされた派生モデルもラインナップ

 アップライトなバーハンドルを装備する「SV650 ABS」のほか、ヘッドライトカウルやセパレートハンドル、サイドパネル、タックロールシートを装備した、スポーツカスタムの要素を取り入れた派生モデル「SV650X ABS」もラインナップします。

スズキ「SV650X ABS」2021年モデル

 レトロな印象のカフェレーサースタイルに仕上げられた「SV650X ABS」は、シート高790mm、フロントフォークにはプリロードアジャスターを装備します。

「SV650」シリーズは、スズキ独自のSCEM(Suzuki Composite Electrochemical Material)メッキシリンダー、ワンプッシュでエンジン始動する「スズキイージースタートシステム」、低回転でのエンジンストールを防ぐ「ローRPMアシスト」などを採用し、ABS標準装備となっています。

 また、2021年型のカラーリングは、「SV650 ABS」が「グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト」「グラススパークルブラック」「マットブラックメタリック No.2」「ミスティックシルバーメタリック」の3色設定、「SV650X ABS」が「グラススパークルブラック」の1色設定です。

 なお、新型モデルの価格(消費税込)は「SV650 ABS」が78万5400円、「SV650X ABS」が82万9400円となっています。

【了】

【画像】スズキ「SV650」2021年モデルと2020年モデルを画像で比較(7枚)

画像ギャラリー

最新記事