ヤマハとソニーが共同開発 自分で描いた街をクルマに乗って走れちゃう!?「らくがきクルーズ」開催

ヤマハが、ソニーと共同開発したエンタテインメント車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1」を用いた新たなサービスを、2021年3月5日にイオンモール沖縄ライカムで開始しました。

クルマに乗っても乗らなくても、みんなが楽しめるイベント

 ヤマハは2021年3月5日にソニーと共同開発したエンタテインメント車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1」(自動運転モビリティ)を用いた新たなサービスを、イオンモール沖縄ライカムで開始しました。

ヤマハとソニーが共同開発したエンタテインメント車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1」(自動運転モビリティ)

 この取り組みは、同社の長期ビジョンのひとつ「ART for Human Possibilities, Rethinking Solution, Transforming Mobility」の一環として行われるもので、2019年11月に第一弾として、カヌチャリゾートと東南植物楽園で実施され、好評を博したエンタテインメント体験に続くプログラムです。

 今回提供されたクルージングサービス「らくがきクルーズ」は、従来の乗車による体験に加え、乗車をしない周囲の人々も参加可能。会場で提供されるぬり絵用紙「らくがきクルーズマップ」に描かれたビルや家、樹木などの輪郭への自由な色付けや、好きな画像を追加することができます。

ヤマハとソニーが共同開発したエンタテインメント車両「Sociable Cart(ソーシャブルカート):SC-1」(自動運転モビリティ)を活用し、イオンモール沖縄ライカムで開催されている「らくがきクルーズ」

 それらを専用プログラムで立体的な3D画像とし、会場内中央に設置された大型モニターに空想の街を構成。参加者がデザインした車両が走行する姿を鳥瞰的に眺め渡せることに加え、SC-1に乗車することで車内から街並みの景色を楽しむことも可能です。

 さらに事業者は、このサービスを通じて店舗等の施設への集客を図ることも可能とし、今後も両社は、SC-1を活用した新たなコミュニケーションサービスを提案していく方針です。
 
●らくがきクルーズの概要
・開催日時:2021年3月5日から3月29日14時から17時
(18時~20時は下記スペシャルコンテンツに切り替わります)
・会場:イオンモール沖縄ライカム 2F アクアエレベーター前広場(グローバルワーク前)
・価格(消費税込):らくがきクルーズ(カートに乗って自分の描いた街を走る): 1回(1人) 500円 (イオンモールアプリ提示で1回300円)/ 1回(1グループ)最大1000円 (イオンモールアプリ提示で1グループ800円/らくがきカート(自分の描いたクルマを大きく投影):1回(1枚)300円(イオンモールアプリ提示で1回100円)
・対象:3歳以上(小学生以下のお子様は18歳以上の人の同乗が必要です)

●SC-1の主な仕様
全長×全幅×全高:3135mm×1306mm×1830mm
乗車定員:5名
走行速度:0/hから19km/h
搭載モニター:車内:49インチ4K液晶モニター1台
車外:55インチ4K液晶モニター4台
駆動方式:DCモーター
バッテリータイプ:リチウムイオンポリマー電池
ブレーキ方式:油圧式四輪ディスクおよびモーター回生ブレーキ
サスペンション:前・ダブルウィッシュボーン式/後・リンク式
自動運転方式:電磁誘導+RFID
(SC-1は乗車体験を提供するもので、車両単体での販売はおこなわれません)

【了】

【画像】ヤマハが過去に行ったオリジナル絵本展や「おもてなし」ブースなどを画像で見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事