ハスクバーナ2022年型 ファクトリーレーシングの外観と特別装備のエンデューロモデル2機種発表

ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2022年型としてファクトリーレーシング仕様のエンデューロモデル「TE 300i Rockstar Edition」と「FE 350 Rockstar Edition」を発表しました。

最新の「ロックスター・エナジー」はブラック基調のグラフィック

 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、2022年型としてファクトリー・レーシング仕様のエンデューロモデル「TE 300i Rockstar Edition」(2ストロークエンジン車)と「FE 350 Rockstar Edition」(4ストロークエンジン車)を発表しました。2021年10月より発売予定の限定仕様車です。

『Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing(ロックスター・エナジー・ハスクバーナ・ファクトリー・レーシング)』(2021年)

 ブラック基調となる『Rockstar Energy Husqvarna Factory Racing(ロックスター・エナジー・ハスクバーナ・ファクトリー・レーシング)』の専用グラフィックをまとい、新たにBrembo製油圧ブレーキおよびクラッチシステム、Galfer製ブレーキディスクを前後に装備しています。

 フレームにはブラックのパウダーコーティングが施され、ブルーのCNC機械加工トリプルクランプ、ブラックのリブ付きシート、フロントブレーキディスクにはプロテクター、ブルーのSupersprox製リアスプロケット、ブルーのチェーンガイドなどのほか、タイヤはミシュランのエンデューロタイヤを装着しています。

 ベースとなる「TE 300i」は2ストロークエンジン、「FE350」は4ストロークエンジンを搭載しており、いずれも競技専用車輌ですが、「FE 350 Rockstar Edition」については公道走行用ホモロゲーション取得について確認中とのこと。確定次第正規ディーラーへ情報が提供される予定です。

■価格(消費税10%込み)および主要諸元

「TE 300i Rockstar Edition」
価格:145万円
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セルスターター式
変速機:6速
燃料供給方式:電子燃料噴射(Dell’Orto製)
サスペンション(F):WP製XPLOR48倒立フォーク
サスペンション(R):WP製XACTリンク式モノショック
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.4kg

「FE 350 Rockstar Edition」
価格:162万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC
総排気量:349.7cc
始動方式:セルスターター式
変速機:6速
燃料供給方式:電子燃料噴射(Keihin製)
サスペンション(F):WP製XPLOR48倒立フォーク
サスペンション(R):WP製XACTリンク式モノショック
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.8kg

※保証期間は1カ月です
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります

【了】

【画像】ハスクバーナのファクトリーレーシング仕様のエンデューロモデルを見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事