ホンダ「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」発売 大排気量空冷4気筒モデルが生産終了

ホンダは大型ネイキッドモデル「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」を予約期間限定で発売します。現行のCB1100シリーズ最終モデルではそれぞれ2色のい外装色が用意され、専用ステッカーが採用されています。

長い歴史を持つ空冷4発がついに終焉!?

 ホンダは大型ネイキッドモデル「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」を予約期間限定(2021年10月8日から2021年11月30日)で発売します(CB1100 EX Final Edition・10月28日/CB1100 RS Final Edition・11月25日)。

ホンダ「CB1100 EX Final Edition」

 CB1100 EX Final EditionならびにCB1100 RS Final Editionをもって国内販売向けの生産を終了するCB1100シリーは、現在の市場においては唯一無二となる空冷4気筒の大排気量エンジンを搭載したネイキッドモデルです。

 スポークホイールを備えることでクラシカルな雰囲気とされたCB1100 EX Final Editionでは、深みのあるレッドを採用した「キャンディークロモスフィアレッド」と、ベーシックな佇まいを強調する「ダークネスブラックメタリック」の外装色を設定。前後フェンダーをクロームメッキ仕上げとすることで、トラディショナルな印象とされてます。

ホンダ「CB1100 RS Final Edition」

 また、前後17インチホイールによりスポーティな走行性を実現するCB1100 RS Final Editionでは、「マットジーンズブルーメタリック」と「マグナレッド」の外装色が用意され、マットジーンズブルーメタリックではブラウン、マグナレッドではブラックのシート、両車ともにブラウンゴールドのホイールを組み合わせています。

 燃料タンクの上面に“Final Edition“の文字をあしらった専用ステッカーを採用したCB1100 EX Final Edition/CB1100 RS Final Editionの価格(消費税10%込)は136万2900円からとなっています。

【了】

【画像】ホンダ「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事