ホンダのオートバイ最上級モデル「ゴールドウイング」の歴史を振り返る

ホンダの最上級モデル「ゴールドウイング」は、1975年に初代「GOLD WING GL1000」が発売されて以来、熟成と進化を繰り返すことでアメリカやヨーロッパを中心に長距離ツーリングバイクとしてステータスを創り上げてきました。今回はその歴史を振り返ります。

欧米メーカーを相手に成長を続けたゴールドウイング

「GOLD WING」という名のオートバイが最初に登場したのは1974年10月のことでした。ドイツ・ケルンで開催されたバイク展示会にその姿があり、オートバイには珍しい水平対向4気筒エンジンを搭載することで注目を集めたのです。

欧米のマーケットを狙いホンダは「GOLD WING GL1000」を投入した

 ホンダは、1975年に初代「GOLD WING GL1000」を発売した当時、欧米の巨大市場でヒットを狙い、日本製バイクとしては超大型とも言える排気量1000ccのエンジンを新開発します。

「GOLD WING GL1000」では、通常エンジンの上に配置される燃料タンクをシート下に移設し、運動性能を高めるレイアウトにしたことでも話題となりました。この頃からホンダは新しい技術を積極的に独自開発し、ハーレーやBMWなどの輸入車メーカーが得意としていた大排気量バイクのカテゴリーに挑んだのです。ハイパワーと軽快な走りによりレースで活躍することがバイクファンの心を掴む一方、広大な土地を有するアメリカでは、大陸横断の旅を可能とする大きなオートバイも古くから好まれ、いかに長距離を快適に走ることができるかという点が重要視されてきました。

 ゴールドウイングはそんなグランドツアラーと呼ばれるジャンルに投入され、改良を重ねていきます。

 ちなみにその頃の日本は「ナナハン=750ccまで」のオートバイしか発売されておらず、1000ccのオートバイなどは超高級品。一部ファンだけのものだったことも付け加えておきます。

88年には4気筒エンジンから6気筒エンジンとし外装パーツも大きく豪華になりました

 1980年にはエンジンの排気量を上げて「GOLD WING GL1100」となり、生産拠点を国内ではなくアメリカで行うようになりました。

 1984年には「GOLD WING GL1200」へと進化し、88年には水平対向エンジンを4気筒から6気筒化した「GOLD WING GL1500」が登場します。

 カウルと呼ばれる、走行風からライダーを守る外装パーツもこのとき一気に大きく豪華になり、グランドツアラーとしての能力を飛躍的に高めていきます。このときから日本でも限定車として少しずつ販売されるようになり、88年は500台限定、89年は700台と、その後も限定販売が続きます。時代はバブル期を迎えつつあり、ゴールドウイングのような高級オートバイを求める声が国内でもあがってきました。

2001年には先進技術を満載にし、排気量も1832ccまで拡大された

 2001年には1832ccまで排気量が拡大され、グランドツアラーとしての地位を確固たるものとしていきます。

 車体の骨格となるメインフレームは、エンジン自体をフレームの強度メンバーとして組み込む「マルチボックスセクション式アルミ製ツインチューブフレーム」となり、ブレーキはハンドレバーかフットペダルのどちらか一方を操作すれば、前後輪のブレーキが適切な制動配分で作動する「デュアル・コンバインド・ブレーキシステム(Dual CBS)」という前後輪連動式にグレードアップします。

 従来のハロゲン式ライトに比べて約2倍の明るさを誇るディスチャージヘッドライト、間欠機能付きワイパー、キーにチップを内蔵して信号が合致しない限りエンジンが始動しないセキュリティーシステム、6連奏CDチェンジャーのオーディオなど、それまでのオートバイにはなかった先進技術を満載にしたモデルでした。

ホンダ歴代「ゴールドウイング」の画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事