東南アジアの過酷な道路状況、国境を越えるラリーで約2200キロの距離に挑むサイドカークロスとは?

「宙を舞うサイドカー」とも称される、オフロードをアグレッシブに攻める「サイドカークロス」をラリー仕様に組み上げ、タイ王国で開催された「アジアクロスカントリーラリー2019」に参戦した日本人がいます。

ニーラーからロシア製サイドカー、そしてサイドカークロスへ

 ドライバー(ライダー)とパッセンジャーが2人1組で操作するサイドカーには、ウラルのようなレトロな市販(現行)モデルから、競技車両としてニーラーと呼ばれるスピードを追求したレーシングサイドカー、モトクロスマシンのようにオフロードコースで速さを競うサイドカークロス、障害物を乗り越えながらその技術力を競い合うサイドカートライアルなど、じつはいろいろな種類があります。

サイドカークロスでアジアンラリー2019に参戦した渡辺正人氏(ドライバー/写真右)と大関政広氏(パッセンジャー/写真左)

 そのなかで、サイドカークロスを自ら組み上げ、タイ王国を中心におよそ1週間かけて、国境をまたいで行なわれる『アジアクロスカントリーラリー(総称:アジアンラリー)』に、JRSA(Japan Racing Sidecar Association:日本レーシングサイドカー協会)の会長を務める渡辺正人氏がチームを率いて参戦しました。

 アジアンラリーには2017年から2019年まで連続参戦している渡辺氏ですが、最初の2年はロシア製サイドカーのウラルで走り、3年目にサイドカークロスを投入したのです。

 レーシングサイドカーで、国内はもとより『マン島TTレース』(2007年)や『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム』(2013年から2016年)など、海外レースにも積極的に挑戦し続けてきましたが、ここ数年はアジアの道にサイドカーで挑むという、非常に稀な活動を続けています。

競技1日目、タイ・パタヤのホテルを出発するサイドカークロス「WSP」(#66 渡辺・大関組)とウラル「ギア・アップ」(#67 岩本・富本組)

 はたして結果はどうだったのでしょうか? 2019年8月10日から16日のアジアンラリー開催期間を終え、帰国した渡辺氏にお話を伺いました。

──サイドカークロスでアジアンラリーを走ってみて、なにか手ごたえはありましたか?

 ウラルに比べると格段に走破性は高く、まだまだタイムアップできそうです。

──競技の結果としては残念ながらリタイアでしたが、その原因や経緯は?

 LEG1(競技1日目)では多少のミスコースはありましたが、順調に走ることができ、SS(スペシャル・ステージ:タイム計測が行なわれる区間)を完走できました。

 ところがインジェクションに不具合が発生して、RS(ロード・セクション:SS以外の一般道を移動する区間)はなんとか牽引でホテルまでたどり着き、翌日(競技2日目)はメンテナンスで終わってしまいました。

競技2日目は整備に集中し、同時に部品を現地調達すべく算段を立てる

 LEG3(競技3日目)はぎりぎりスタートに間に合っていい調子で走れましたが、SS区間でサイド(カー)の前側を切り株にぶつけてしまい、ドライバー(私)は前に飛ばされ、膝でラジエターホースを切ってしまいました。

 ホースは応急処置でレースに復帰できましたが、遅れを取り戻そうと焦っていたのもあり、ミスコースからのUターンで右前に転倒し、車体から投げ出されて鎖骨を折ってしまいました。

 SA(サービス・エリア:整備を行なうために設定された場所)まで自走しましたが、その場で主催者から救急車で病院へ行くように言われ、その日はリタイアとなりました。

 鎖骨はとりあえずバンドで固定したので、翌日はリエゾン(RS区間)だけでも走ろうと思っていたのですが、タイからミャンマーへの国境越えと、ミャンマーでは連日の雨と台風の影響で幹線道路が冠水し、数日間交通が麻痺状態という状況から、主催者の判断によりレースは断念しました。

競技3日目、不具合は解消して快調に進むがSS区間で転倒し、怪我によりリタイアとなってしまった

──ラリーを想定して組み上げたサイドカークロスですが、なにか改善点や改良点はありますか?

 燃料タンクへの泥水浸入ですね。それがインジェクションの不具合の原因でした。タンクの改造が必要です。エアーボックスもインテーク位置の改良が必要そうです。それにタイヤの減りが早いので、タイヤチョイスも要検討です。

──来年もチャレンジ(リベンジ)しますか?

 もちろん! そのつもりで、走ることが出来なかったミャンマーにいるときから構想を練っています。かみさんの了承も得られました。

──パッセンジャーの大関氏ですが、サイド(カー)で常に立った状態でバーを掴み身構えていた姿から、かなりハードな仕事をこなしていたことが想像できます。なにかコメントはありましたか?

「もっと身体を作らないと!」と言ってましたから、来年もやる気でしょう!

サイドカークロスもニーラー同様パッセンジャーは常に身体を動かしてマシンを安定させるためシート(座席)は無いが、ラリーでは一般道も走るので燃料タンク(カーに移設した四角い箱)の上に腰を下ろせるようクッションが貼られる

──来年の活躍に期待しています。

1年あるので、いいマシンができると思います。

※ ※ ※

 2019年のアジアンラリーには、2輪(MOTO)が35台、4輪(AUTO)が37台、そして渡辺氏率いるサイドカーが2台エントリーしました。

 参加者は日本人をはじめ、タイ、ミャンマー、カンボジア、マレーシア、インドネシア、シンガポール、韓国、中国、台湾、アメリカ、ルクセンブルク、スコットランド、ウェールズなど、国籍もさまざまです。

 アジアンラリーは2019年の開催で24回目となり、アジア最大規模の、その名の通り国をまたいだ“クロスカントリー”ラリーです。今大会ではタイ(パタヤ)からミャンマー(ネピドー)まで、総距離約2200kmというルートでしたが、期間中ミャンマーでは深刻な冠水被害により、競技4日目はすべてのスケジュールがキャンセルとなりました。

東京を起点とするアジアハイウェイ(AH1)も、キャンマーでは深刻な冠水被害に見舞われた

 大会主催者は政府(実質は各地域の部族)の協力を得て、前日からすべての一般車両(大型トラックやバスなど)を数十キロの距離にわたって停止させ、ラリー関係車両およそ500台が移動できるよう道がつくられたということからも、アジアンラリーの規模の大きさがうかがい知れます。

 そんな大会をサイドカーで挑むステージに選んだ渡辺氏のチャレンジ精神は、クラスは違えど同じ競技参加者からも注目を集め、いつの間にか“サイドカーがあって当たり前”な雰囲気にもなっています。

 来年の挑戦ではどのような活躍を見せてくれるのか、期待したいところです。

【了】

「アジアンラリー2019」に参戦したサイドカーチームの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事