ヤマハ「XSR700」は都会が似合う!? ツーリングの使い勝手を検証していたら夜の横浜に行きついた

最初からカスタムバイクのような外観のヤマハ「XSR700」は、伝統的なルックスと現代モデルのパフォーマンスを融合させた“ネオレトロ”スタイルが特徴の大型ネイキッドバイクです。ツーリングやストリートでの使い勝手を確かめてみました。

荷物を載せて遠くへ、というより、走りを楽しみに日帰りツーが楽しい

 ヤマハ「XSR700」は、ロードスポーツモデル「MT-07」(2017年型)のエンジンや車体などをベースに、スタイリングをレトロ風味とした“スポーツヘリテージ”モデルです。意匠を凝らした外観だけでもう満足気味ですが、ツーリングでの使い勝手はどうでしょうか? その魅力を探ってみました。

ヤマハ「XSR700」のツーリングでの使い勝手はどうなのか?

 まず向かったのは、千葉県の房総半島です。東京湾アクアラインから館山道、そして内陸の県道を走りつないでみました。

 じつを言うと、当初はそのポジションにちょっと違和感がありました。ベースモデルの「MT-07」に比べてハンドル幅は広く高め、シート高も30mmアップとなっています。やたら腰高で、輸入車のスクランブラータイプに乗っているような感じだったのです。

 とはいえ、高速道路の走りはソツのないものです。搭載される排気量700ccクラス(688cc)の直列2気筒エンジンは、リッターオーバークラスのようにドカンと速いわけでもなく、振動が少なく回転上昇もスムーズ、軽量級の車体(車重186kg)もあってストレスのない走行が楽しめます。上体が立ち気味のポジションは走行風をモロに受けるため、疲れないようほどほどのペースで巡行するのが良いですね。

ヤマハ「XSR700」のツーリングでの使い勝手を確かめる筆者(野岸“ねぎ”泰之)。風圧を受け続けると疲労が蓄積するので高速道路ではほどほどの巡航速度で

 続いて内房から内陸部の県道では、大きく緩いコーナーからタイトコーナー、高低差ありと、まさに快走路です。そんな中で感じたのは、コーナリングがとにかく楽しい! ということでした。乗り初めこそ違和感があったポジションですが、この頃にはすっかり馴染み、むしろ腰高な分、パタリと車体を傾けて大胆に曲がる、ヒラリヒラリとコーナーをクリアしていくのがとても面白いのです。

 ふだんはキャンプツーリングで積載する荷物が多い筆者(野岸“ねぎ”泰之)ですが、もしこのマシンのオーナーになったら、空荷もしくはごくコンパクトな装備で走るのが似合うだろうなと感じました。

現代のモデルにクラシカルなスタイリング、都会の雰囲気もよく似合う

 車体デザインも大きな魅力のひとつです。かつての2ストレーサーレプリカ、いまでもファンが多い「RZ250」をイメージさせるグラフィックは、まさに峠を思わせるもの。また、各所に使われているアルミ製パーツが“機械感”を演出し、都会の無機質な建造群も似合うのでは? と、次に向かったのは夜の横浜です。

ハロゲンバルブ&ポジションランプの赤みがかった灯火がレトロな車体デザインとマッチしてフォトジェニックに

 交通量が多く、さらにタイトコーナーの連続もある首都高速ですが、軽快に走る「XSR700」ではストレスをあまり感じません。ただ、ナイトツーリングでハロゲンバルブのヘッドライトが実用上は問題ないものの、最近のLEDに慣れた目にはちょっと暗めかな、という印象はありました。ところが、このヘッドライトがじつは良かった、と思う場面がありました。

 横浜ではみなとみらい地区を中心に走り回り、夜景を背景に写真も撮ってみました。その際、ハロゲンバルブとポジションランプのどことなく懐かしい、温かい色味が横浜の夜景にとてもマッチしていたのです。この車体デザインには、LEDではなくこれが正解なのかもしれません。

懐かしさと先進性がうまくバランスした「XSR700」のシルエットは都会の夜景によく似合う

 また、夜の街を走っていると排気音がとても静かなことに気付きます。人によっては迫力がないと思うかもしれませんが、アイドリングは「トトトト……」、回転数を上げて走っても「トルルルッ」と、音も軽快で耳なじみが良いのです。威圧感がないので夜の街を走るのも心地良いものでした。

 ほかにも、カウル付きの大きなボディだと都市部の駐輪場に停める際に苦労することがありますが、スリムでコンパクトな車体はそれも気になりません。思ったよりハンドルの切れ角が少ないので、そこは少し気をつかいました。

※ ※ ※

 デザインや車体構成など、トータルで考えると「XSR700」は都市部での走りにとても向いていると感じます。もちろん一般的なツーリングもラクラクこなしますが、今回は「アーバン・ナイトツーリング」がとくにお似合いのマシンでは、と感じた次第です。ヤマハ「XSR700」の価格(消費税10%込み)は91万6300円です。

【了】

【画像】ヤマハ「XSR700」のツーリングでの使い勝手は? 詳細を見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 野岸“ねぎ”泰之(ライター)

30年以上バイク雑誌等に執筆しているフリーライター。ツーリング記事を中心に、近年はWebメディアで新車インプレッションやアイテムレビューも多数執筆。バイクツーリング&アウトドアを楽しむ『HUB倶楽部』運営メンバーの1人。全都道府県をバイクで走破しており、オーストラリア、タイ、中国など海外でのツーリング経験も持つ。バイクはスペックよりも実際の使い勝手や公道での走りが気になるキャンプツーリング好き。

最新記事